自己処理による脱毛について|メンズ脱毛の豆知識

24時間ネット予約フォーム お電話でのご予約
VIO脱毛
  • Vライン(ビキニライン)
  • Iライン(睾丸・陰茎周り・股の間)
  • Oライン(肛門周り)
  • VIO脱毛
ボディ脱毛
  • 背中
  • ヒップ
  • 胸
  • 腹
  • 腰
  • 乳首周り
  • へそ下
  • 両ひざ上
  • 両ひざ下(足の甲・指含む)
  • 両足(足の甲・指含む)
  • 両足甲・指
  • 両ワキ
  • 両ひじ下(手の甲・指含む)
  • 両ひじ上
  • 両腕(手の甲・指含む)
  • 両肩
  • 両手の甲・指
 髭(ひげ)脱毛
  • 鼻下
  • 口下
  • 両ほほ
  • 首周り
  • もみあげ
  • うなじ
 セット脱毛
  • 全身脱毛(フェイス、VIO除く)
  • 全顔(鼻下・口下・ほほ・首周り・もみあげ・うなじ)
  • 上半身(両腕・両わき・背中・腰・胸・腹)
  • 下半身(ビキニライン・股の間・肛門周り・両足・ヒップ)
  • 脱毛初回半額キャンペーン
  • 脱毛の施術例
  • 用語集
  • インターネット予約
  • スタッフ募集
  • スタッフブログ

自己処理による脱毛について

自己処理による脱毛は気をつけて!!

仕事が忙しかったり脱毛サロンに行くのが面倒だったりしてムダ毛を自己処理している方は多いんじゃないでしょうか?
自己処理の方法としては、剃るもしくは抜くしか方法がありません。

自己処理をする部位は、ヒゲが一番多い。

ヒゲの自己処理の最適な方法を中心に説明していきますね。

ヒゲ剃りは、青髭の原因になったりカミソリ負けをして出血しまうことがあります。
青髭は、剃った後が青く見える状態で非常に格好が悪いですよね。(青髭の原因等についてはこちらで詳しく記載しています)
青髭で悩んでいる男性は多いんじゃないでしょうか。
カミソリ負けをして出血してしまう男性はお肌が弱かったりカミソリの角度が高いことが原因だったりします。
ビジネスホテルとかに置いてあるカミソリは特にカミソリ負けしやすいと思います。
カミソリ負けしないためには、まず、ヒゲを湿らせましょう!ヒゲを湿らせることにより毛自体が柔らかくなり剃りやすくなります。
次に、シェービングクリーム等を使用する。シェービングクリームがなければ石鹸でもいいでしょう。
シェービングクリームがあることによって肌に刃を当てた時に滑らかに動かしてくれます。
最後に、ヒゲが生えている方向とは逆方法に剃っていく!
首回りや鼻下は肌をピンと伸ばして剃っていきましょう。そうするとヒゲが刃に絡んで綺麗にそれますよ!
ヒゲの量が多い方は、いきなり逆方向に剃ってしまうとカミソリが動かずミカソリ負けの原因になってしまう場合があるので、最初は毛の方向に沿って刃を動かしてくださいね。
毛量が減ってきたら逆方向に剃っていきましょう。

毛を抜いていると埋没毛になりやすい

自己処理の方法として多いのが、毛抜きで一本一本抜いていく方法。
ブラジリアンワックス脱毛でも記載しましたが、埋没毛になりやすい方がいます。
毛を抜いていくと毛穴が曲がってしまう場合もあるので注意してください。
毛穴が曲がってしまうとニードル脱毛の効果が得られなくなる場合があります。

PAGE TOP