痛みはあるのかどうか|メンズ脱毛の豆知識

24時間ネット予約フォーム お電話でのご予約
VIO脱毛
  • Vライン(ビキニライン)
  • Iライン(睾丸・陰茎周り・股の間)
  • Oライン(肛門周り)
  • VIO脱毛
ボディ脱毛
  • 背中
  • ヒップ
  • 胸
  • 腹
  • 腰
  • 乳首周り
  • へそ下
  • 両ひざ上
  • 両ひざ下(足の甲・指含む)
  • 両足(足の甲・指含む)
  • 両足甲・指
  • 両ワキ
  • 両ひじ下(手の甲・指含む)
  • 両ひじ上
  • 両腕(手の甲・指含む)
  • 両肩
  • 両手の甲・指
 髭(ひげ)脱毛
  • 鼻下
  • 口下
  • 両ほほ
  • 首周り
  • もみあげ
  • うなじ
 セット脱毛
  • 全身脱毛(フェイス、VIO除く)
  • 全顔(鼻下・口下・ほほ・首周り・もみあげ・うなじ)
  • 上半身(両腕・両わき・背中・腰・胸・腹)
  • 下半身(ビキニライン・股の間・肛門周り・両足・ヒップ)
  • 脱毛初回半額キャンペーン
  • 脱毛の施術例
  • 用語集
  • インターネット予約
  • スタッフ募集
  • スタッフブログ

痛みはあるのかどうか

メンズ脱毛は痛いといわれる理由とは?

脱毛というと痛みが心配、という人は多いでしょう。
特に男性は女性よりも脱毛 の痛みはある、と感じられます。
それは、男性の毛の方が太くて濃いか らです。女性でも脱毛の種類によって痛みを感じることがあります。
男性の場合は、毛質が女性と違うため、より痛みを感じやすいとされています。
どのような痛みか?というと、よくゴムで弾かれたような痛み、と表現されることが多いでしょう。
ただし、痛みの感じ方は個人差があるため、それほど 痛みがない、という人もいれば、我慢できないほどの痛みを感じる、という人もいます。

痛みの感じ方は脱毛をする部位によっても異なります。
通常は、鼻の下や唇の横、陰部などは皮膚が薄いため、痛みを感じやすいです。
額や背中、お 腹、胸、足の甲、手の甲や指などは、どちらかというと痛みを感じにくい部位です。
また、肌の色が黒いと、皮膚にも光やレーザーが反応してしまうため、痛みが出やすいといえます。
さらに、毛の密度が多いと、痛みを感じやすいとされています。
メンズ脱毛の場合、ヒゲ脱毛をする人も多く、ヒゲは 毛が太く、また毛根が深い部分にあり痛みを感じやすいため、メンズ脱毛は痛い、といわれてしまうことが多いのでしょう。

脱毛方法によっても痛みは異なる

脱毛方法によっても痛みは異なります。脱毛方法で最も痛みが出にくいのは、光脱毛やIPL脱毛などのフラッシュ脱毛です。
光が広範囲に及び、やさ しく脱毛をしてくれるため痛みが少ない方法です。
痛みが出やすい口の周りでも、輪ゴムで軽くはじかれたような痛みで済む、ということも多いです。
それ以外の部位では痛みを感じないくらいです。

最も痛みを感じやすいのはニードル脱毛です。
電気脱毛や針脱毛ともいわれています。
毛穴に細い棒を挿入し、毛乳頭に熱を加える方法で、熱さを感じるとともに、処理後に毛を抜き取る痛みがあります。
女性でもニードル脱毛は痛みを感じやすい方法です。

現在主流となっているレーザー脱毛は、ニードル脱毛ほどではなく、しかし光脱毛よりは痛いという人が多い方法です。
レーザーを肌に照射する方法 で、光脱毛と同じメカニズムで処理をしていくのですが、光脱毛の光よりも出力が高く、深い部分までレーザーが届くため、輪ゴムで強くはじかれたような痛みを感じます。
同じレーザー脱毛でも、バジル型レーザー脱毛といわれる方法は、従来のレーザーよりも浅い部分に照射することで高い脱毛効果を得られる方法で、痛みが少ない方法です。

PAGE TOP