カミソリ負けしてブツブツが…。対処方法と治し方とは?|メンズ脱毛の豆知識

24時間ネット予約フォーム お電話でのご予約
VIO脱毛
  • Vライン(ビキニライン)
  • Iライン(睾丸・陰茎周り・股の間)
  • Oライン(肛門周り)
  • VIO脱毛
 セット脱毛
  • 全身脱毛(フェイス、VIO除く)
  • 全顔(鼻下・口下・ほほ・首周り・もみあげ・うなじ)
  • 上半身(両腕・両わき・背中・腰・胸・腹)
  • 下半身(ビキニライン・股の間・肛門周り・両足・ヒップ)
ボディ脱毛
  • 背中
  • ヒップ
  • 胸
  • 腹
  • 腰
  • 乳首周り
  • へそ下
  • 両ひざ上
  • 両ひざ下(足の甲・指含む)
  • 両足(足の甲・指含む)
  • 両足甲・指
  • 両ワキ
  • 両ひじ下(手の甲・指含む)
  • 両ひじ上
  • 両腕(手の甲・指含む)
  • 両肩
  • 両手の甲・指
 髭(ひげ)脱毛
  • 鼻下
  • 口下
  • 両ほほ
  • 首周り
  • もみあげ
  • うなじ
  • 脱毛初回半額キャンペーン
  • 脱毛の施術例
  • 用語集
  • インターネット予約
  • スタッフ募集
  • スタッフブログ

男性の場合、そこまでムダ毛を神経質に考える必要はありません。むしろ毛は男らしさの象徴でもあるわけですから、ファッションとして残しておいても良いでしょう。ですがひげについては、日常的な処理が欠かせません。ビジネスにおいては不適切にみられることもありますし、またファッションとして整えている場合でも、処理しなければどんどん不潔な印象に繋がっていきます。

ですが、かみそりによる処理にはトラブルもつきものです。かみそり負けには、十分注意しながらケアしていきましょう。以下、詳しい情報をまとめたのでご参考ください。

カミソリ負けのブツブツ…その理由とは?

そもそも、かみそり負けとはどのような状態なのでしょうか。代表的な症状としては、ブツブツができる展開が挙げられます。にきびのようにも見えるので、美容にこだわる男性としては大いに困らされることでしょう。またその他にも、肌が赤くなる、かゆみが出る、痛みを伴う、出血など、起こる症状は結構はばひろいです。

ではいったい、なぜかみそり負けが起こるのでしょうか。かみそりによるムダ毛処理は、決して特別なものでもありません。男性であれば、毎日処理している人も少なくないでしょう。そんな中、一定のタイミングでだけなぜか生じることがあります。

理由としては、まずひとつに処理の雑さが挙げられます。先端の鋭いかみそりを使っているにもかかわらず、時間がない、面倒といった理由からつい適当にやってしまいがちです。そうなると、肌に思わぬ負担を与えてしまうことが考えられます。

次に、処理自体が丁寧であっても、肌が弱っている場合は要注意です。時に気にするべき状態は、乾燥肌になります。柔軟性に欠けており、バリア機能も低下しているため、かみそりの負荷がかかりやすいのです。

さらにひどい展開としては、かみそり負けして荒れた肌を、さらにかみそりで傷つけてしまうケースです。傷口に菌が入って、さらなる腫れに繋がる、刃先が皮膚にひっかかって出血させてしまうなど、ただの炎症で済まなくなってしまいます。かみそり負けには、要注意です。

できてしまったブツブツへの対処法

かみそり負けでブツブツができても、諦める必要はありません。この段階であれば、まだ比較的改善の余地はあります。

まずひとつに、冷やすという方法です。単純なやり方ですが、意外に効果的なので覚えておいてください。かみそり負けでできたブツブツは、炎症のひとつです。そのため、冷やして熱を抑えることで、治癒を後押しすることができるのです。毛穴の引き締めにも繋がるため、美容の上でも有効です。

次に、医療用の軟膏をもちいる方法です。赤みや湿疹に適した薬剤を購入して、適量塗りましょう。たかがブツブツとはいえ、一種の病気症状のひとつです。医療の観点から、治していきましょう。

最終的には、やはり病院を訪れるという選択肢がおすすめとなります。軽度のブツブツだからといって、侮ってはいけません。酷くなれば、それこそあとが残ることも考えられます。治りが遅いようであれば、早めに皮膚科の受診を検討してください。

カミソリ負けしないためのポイント

前述で紹介している通り、かみそり負けが起きやすい肌とは、乾燥状態にあります。そのため、乾燥を防ぐ工夫こそが、かみそり負け防止に効果的といえます。

たとえば、かみそりを使う前に肌を蒸しタオルで濡らしましょう。肌や毛に潤いを与えて、肌トラブルが起きにくく、ムダ毛処理しやすい状態が作れます。

また日ごろからの工夫として、保湿対策を入念におこなってください。保湿用のボディークリームやローションを使って、洗顔後の乾燥をカバーしてください。常に乾燥が起こりにくい状態を意識することで、トラブルに強い肌が作れるでしょう。


かみそり負けが起きると、見栄え的にも衛生的にも、やっかいな状態となってしまいます。上記の原因と対策に関する情報を活かして、トラブル知らずの健康的な肌を目指しましょう。

PAGE TOP