胸脱毛は一時的にお肌に負担がかかるので、脱毛の前後は日常生活の過ごし方に気を付けましょう。

胸脱毛の前後は日焼けや血行が良くなる行為は避けることがポイントです

胸脱毛を光脱毛で行う場合、光脱毛の性質上日焼けをしていると施術ができなくなる可能性があるので注意してください。薬の服用や予防接種についても同様です。また、脱毛後は肌が敏感になっているため、入浴や飲酒、運動は避けることが推奨されています。

光脱毛を受けるときは日焼けや薬の服用に注意が必要です

これから胸脱毛を受けるという方は、施術を受けるまでの過ごし方に気を付ける必要があります。これは、ムダ毛をなくして美しい胸元を手に入れるためにも大切なことです。まず、胸脱毛をはじめ光脱毛(IPL脱毛)の施術は、日焼けをしているとできないことがあります。その理由は、光脱毛の光が黒い色(メラニン色素)に反応するという性質を持っているからです。
光脱毛の光を照射したとき、ムダ毛だけではなく日焼けの黒色に反応してしまう可能性があります。脱毛効果が十分に得られなくなり、やけどの原因にもなりかねません。したがって、胸脱毛を受けたいと思う方は、施術前は日焼けをしないことがポイントです。日常生活のわずかな日焼けであれば問題ありませんが、念のため外出時には日焼け対策をおこないましょう。
また、光脱毛の影響で赤みや炎症を起こす可能性があるため、薬の服用も控えることが推奨されています。いつも飲んでいる薬であっても、肌トラブルの原因になることがあるため、脱毛前は3日程度服用を中止することが望ましいです。具体的には、抗生物質や風邪薬、抗うつ剤、アレルギー薬などが挙げられます。薬の種類によっても判断が異なるため、事前にサロン側に確認をとっておくと良いでしょう。…メンズ脱毛サロンの光脱毛の詳細

インフルエンザの予防接種は光脱毛の7~10日前までに済ませましょう

光脱毛を受けるときは、薬の服用だけでなく、インフルエンザなどの予防接種も控えるようにしてください。脱毛を受ける7~10日前くらいは控えなければなりません。予防接種というのは、ウイルスに対抗するため、あえて体内に病原体ワクチンを入れるものです。病原体に対抗できるようになるまでには一定の期間を要します。抗体を生成するまでの期間は体の抵抗力が弱くなりやすく、脱毛による熱を感じやすい傾向にあります。その結果、炎症などの肌トラブルを引き起こすことがあるため、抗体が生成されるまで待った方が良いのです。
また、予防接種自体に副作用が現れることがあります。症状には個人差がありますが、倦怠感や発熱、頭痛、悪寒などさまざまです。実際にインフルエンザにかかっているときよりは軽度の症状ですが、体調の変化が起こりやすいことには変わりありません。さらに、肌が敏感になっているため、肌トラブルの懸念もあります。胸脱毛を考えている人は、インフルエンザの予防接種とのタイミングに注意しましょう。

胸脱毛後は3~7日程度入浴や飲酒、運動は避けるべきです

胸脱毛をおこなう際は、脱毛後にも押さえておきたいポイントがあります。実際、多くの脱毛サロンで注意事項として伝えられていることですが、脱毛後は血行が良くなる行為は3~7日程度控えることが望ましいです。例えば、入浴やサウナなどが挙げられます。どうしてもお風呂に入りたいというのであれば、湯舟には浸からず、ぬるめの温度でシャワーを浴びる程度に留めておきましょう。

また、アルコールには血流を良くする働きがあるため、飲酒も控えるようにしてください。同様の理由から、激しい運動も避けるべきです。これらの行為は体温を急上昇させてしまい、脱毛で熱のこもった肌を刺激してしまいます。赤みや炎症、痒みなどの原因になるため注意しましょう。脱毛後に運動してはいけない理由は、ほかにもあります。汗をかくことで、毛穴を刺激したり、雑菌が入ったりする可能性があるからです。少し動く程度のストレッチならまだしも、ジョギングや筋トレ、エクササイズなどは控えるべきでしょう。血行が良い状態で脱毛を受けるのも望ましくないため、施術の2~3時間前も運動を避けた方が無難です。

胸脱毛のときに押さえておきたいポイントとは?

1.胸脱毛の前後は日焼けや血行が良くなる行為は避けることがポイントです

胸脱毛は一時的にお肌に負担がかかるため、また、光脱毛の性質上日常生活の過ごし方に注意が必要です。例えば、日焼けをしていたり薬を服用していたりすると脱毛が受けられなくなります。脱毛後は肌トラブルを避けるため、血行が良くなる行為は控えましょう。

2.光脱毛を受けるときは日焼けや薬の服用に注意が必要です

光脱毛を受けるまでの過ごし方にいくつかのポイントが挙げられます。まず、光脱毛の光には黒いメラニン色素に反応する性質があるため、施術前は日焼けをしないようにしましょう。また、肌トラブルを避けるため薬の服用も控えることが推奨されています。

3.インフルエンザの予防接種は光脱毛の7~10日前までに済ませましょう

インフルエンザの予防接種などは、体内に病原体ワクチンを入れるため、抗体ができるまでに期間を要します。その間、体調の変化や肌トラブルが起こりやすいため、胸脱毛を控えた方が良いのです。予防接種は光脱毛の7~10日前までに済ませておきましょう。

4.胸脱毛後は3~7日程度入浴や飲酒、運動は避けるべきです

胸の脱毛後に抑えておきたいポイントは、血行が良くなる行為を控えることです。入浴やサウナ、飲酒、運動などは体温を急上昇させ、脱毛で熱のこもった肌を刺激する可能性があります。3~7日程度は安静にしていることが望ましいです。

…メンズ脱毛の安心へのこだわりはこちら

カテゴリー