ムダ毛処理や脱毛と言っても部位は体中たくさんありますし、必ずしも全身脱毛を考える人ばかりではありません。特に男性の場合はまだまだ全身脱毛よりも部分脱毛をメインに考える人が多くなりました。

多くの男性が最初に脱毛を考える箇所としてはフェイス、つまりヒゲ脱毛が多いようですが、他にも胸毛や背中の毛などにコンプレックスを抱いている男性も多くなりました。そんな中最近増えてきているのは、デリケートゾーンの陰毛を脱毛するというものです。

デリケートゾーンの陰毛の脱毛を考える男子たち

女性ではすでに増えてきているようですが、男性でもデリケートゾーンの陰毛をしっかりと処理したいと考える人が増えています。 一つには海外の影響などがあるかもしれません。海外の男性は陰毛を処理するのが常識という話が徐々に広まってきて、日本人男性もそうした流れに影響を受けているのかもしれません。

お腹あたりから陰毛までの毛を特に気にしているという男性にとってはヒゲ脱毛などよりもよっぽど関心がある脱毛部位ではないでしょうか。 脱毛は部位によって完全にツルツルになるまでに要する時間なども違ってきますので、自分が挑戦したいと思っている部位の脱毛の体験談などを参考にして計画を練ってみてはいかがでしょうか。

デリケートゾーンの脱毛処理は大事

脇などは、お風呂のついでにちょっとカミソリで処理するという男性も多いようですが、ヒゲともなると毛の密集度も高く、毛根も太いので、いくらしっかりカミソリをあてても青髭が残ってしまうのが普通です。 そのためヒゲは脱毛希望者の多い部分です。夏の水着やハーフパンツを想定してスネ毛をキレイに脱毛する男性もいます。あるいは、手の甲や指の毛を脱毛したいという男性もいます。 男性も意外といろいろな部分が気になってコンプレックスに感じているということがわかります。

これからどんどんと増えてきそうなのが、VIO脱毛つまりデリケートゾーンの脱毛です。 デリケートゾーンは、脱毛の施術の際他人に見られることになるのでそれに抵抗があるという方が多いかもしれませんが、経験者の話を聞くとそんなものはすぐに気にならなくなるということなので、こうした体験談や意見を聞くことができるとますますデリケートゾーンの脱毛希望者が増えてくるのではないでしょうか。 デリケートゾーンの脱毛は異性のパートナーを意識して処理する人も多いかもしれません。 単純に衛生面を気にして処理したいと考える人もいます。

デリケートゾーンの衛生状態

夏場などは特にデリケートゾーンは非常に蒸れやすい状態になっています。 最近では多くの男性がボクサーパンツを穿いていますので、トランクスなどに比べると通気性が悪く余計に蒸れやすくなっているかもしれません。 そのように湿気が多い状態でムダ毛がたくさん生えていると、そこで雑菌が繁殖しやすい環境ができてしまいますので、玉袋周りのデリケートゾーンのムダ毛が放置されている状態というのは衛生的に良くないという意見も聞かれます。

実際欧米では男性でも性器の根元も玉袋周りも完全にデリケートゾーンのムダ毛を処理しているという話をよく耳にするでしょう。 それで単に流行りだからとか、ファッション的な感覚だけでなく、デリケートゾーンの脱毛はこれからの時代にエチケットとして取り入れられていく可能性が高いかもしれません。 もちろん脱毛初心者の方にとってはいきなりデリケートゾーンの脱毛というのはハードルが高いかもしれませんので、すね毛や胸毛さらにはヒゲの脱毛などから始めてみると良いかもしれません。

最近では便利な分割払いも各種整っていますので最終的には全身脱毛後踏み切 るのもありです。 まずはほとんどのサロンやクリニックで行っている無料のカウンセリングに出かけてみることをおすすめします。

最近の男子はアンダーヘアのケアも重要

パッと見の爽やかさとは別に最近の男子の重要なポイントとしてはアンダーヘアの処理ではないでしょうか。 世界的に見てもアンダーヘアを処理しないというのは先進国としては少し遅れていることだと言う人も多いです。 事実サッカー選手などの海外でプレーしている人たちが外国の選手たちは皆アンダーヘアの処理をしているのが当たり前なんてエピソードを語っていることもあります。 そうした欧米からの流れや影響があるのかもしれませんが、最近では男子でもしっかりとカミソリなどである程度のアンダーヘアの処理をしている人が増えてきました。

しかし少し考えればわかりますが、デリケートな部分にカミソリなどの刃物をあてるというのは危険も伴います。 それでアンダーヘアの脱毛も注目されているというわけです。 女性の間ではアンダーヘアの脱毛はかなり一般的になってきていると思いますが、男性の場合はまだまだこれからかもしれません。 今メンズ脱毛でアンダーヘアの脱毛をしておけば一歩進んだ美意識の高いオシャレ男子の仲間入りと言えるかもしれません。 すでにカミソリなどでアンダーヘアの処理をしているという方は真剣にメンズ脱毛での処理を考えてみたほうが良いです。

男性のデリケートゾーンの悩み

最近では男性のVIO脱毛も流行ってきていますが、玉周りや肛門周りなどはそれこそ家庭用脱毛器を使ってセルフでやるのは至難の業です。玉周りなどは失敗したくないと誰もが思うことです。やはりきちんとプロにやってもらうのがベストでしょう。 一方お店でVIOの施術をしてもらうのは恥ずかしいという意見も聞きます。 そんな方へのアドバイスとしてはまず男性スタッフオンリーのクリニック、あるいは男性のVIO施術には男性スタッフを用いてくれるお店位を選びましょう。 同性同士でも最初は恥ずかしいと感じるかもしれませんが、多くの人の体験によると恥ずかしいのは初回だけであとはすぐに慣れてしまうようなのでそこまで心配することもないでしょう。

デリケートゾーンだけはカミソリなどで自己処理しているという人も多いと思いますが、やはり玉周りや肛門周りなどカーブが多いところは自分で処理するのが難しいと思いますし、刃をあてる以上ケガをする恐れが常にあります。 また剃っただけだと生えかけのときにチクチクとしたイヤな感覚があると思いますし、デリケートゾーンにそうした違和感があると何をしているときでも一日中気になってしまう人がほとんどでしょう。 そうしたことを考えるとやはりサロンやクリニックに通ってキレイサッパリ脱毛してもらったほうが良いでしょう。 そして衛生面でも非常にメリットがあります。

デリケートゾーンの脱毛はオススメ

安全に選ぼうと思うとどうしても有名店になってくるかもしれませんが、確かに名の通ったお店はサービスからケアまで行き届いている所が多いようです。 基本的に最近人気のお店であれば脱毛出できる部位などもそれほど差があるわけではありません。 大体のお店がヒゲ脱毛からデリケートゾーンの脱毛に至るまでしっかりとサポートしています。

誰でもまず人目につくところからキレイにしたいと思うので、男性であればヒゲ脱毛などを真っ先にやりたがる人が多いですが、同時に最近ではVIO 脱毛というデリケートゾーンの脱毛をおこなう人が増えてきています。 スネ毛や胸毛と違って自分でカミソリを使って自己処理するのが手間なので、お 店で施術したほうが完璧にキレイに仕上がるのです。 陰嚢周りなども毛が生えている男性は多いでしょう。 陰嚢周りは特に自分でカミソリをあてるのが 怖いところでもあるので、アンダーヘアのお手入れに気を遣っている方は早めに脱毛を始めたほうが良いです。

VIO脱毛・ニードル脱毛なら東京恵比寿のメンズ脱毛サロンAlonso(アロンソ)

カテゴリー