腕脱毛におすすめの脱毛方法は?何回くらい通えばいいの?Knowledge

男性は誰もが腕毛を気にするものです。長袖の季節であればそれほど気になりませんが、半袖の季節は常に腕が見られるため腕毛が気になってしまいます。また、女性と腕を組むときなども気になることでしょう。そのため、男性は年間を通して腕毛について考える必要があるのです。こちらでは腕脱毛の方法について解説いたします。そして、腕脱毛が完了するまでの必要な施術回数についても解説いたしますので、まずはこちらで知識を身に着けましょう。

腕毛脱毛に適した脱毛方法とは何か

夏場など半袖になる季節はどうしても腕毛が気になってしまうもの。さらに、女性と腕を組むときなどはチクチクしてしまうので、女性からも嫌がられてしまいます。そのため、腕毛の脱毛を検討する方は多いことでしょう。それでは、腕毛の脱毛にはどういった方法が向いているのでしょうか。
腕毛脱毛にはフラッシュ脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛がありますが、腕毛は範囲が広いという特徴があります。そのため、ニードル脱毛は毛穴1本1本に施術を行いますので、どうしても時間がかかってしまうのです。そのため、一度で広範囲に施術が可能なフラッシュやレーザー脱毛が向いているでしょう。脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛の場合、30分から1時間程度の施術で広範囲の脱毛が可能です。そして、レーザー脱毛も同様に30分から1時間の施術ですが、より高い効果が得られます。しかし、レーザー脱毛は出力が高いことから、フラッシュ脱毛よりも痛みを感じる方が多いでしょう。
また、どのような脱毛方法だったとしても、施術後は肌がダメージを受けていますので日焼けに注意しましょう。そのため、施術を受けた後は日差しのダメージを避けるため、夏場だったとしても長袖を用意してください。

脱毛の効果が実感出来る回数について

腕毛の脱毛にはさまざまな方法がありますが、脱毛方法によって効果が感じられるまでの回数が異なります。フラッシュ脱毛の場合でしたら、12~18回で効果が実感出来るでしょう。そして、レーザー脱毛の場合は6~8回で脱毛が出来ます。しかし、これはあくまで平均的な回数ですので、体毛の濃いタイプの方は2~3回ほど増えることもあるので注意しましょう。また、産毛程度までの脱毛で良いのであれば、もっと少ない回数で終わらせることも出来ます。
腕毛脱毛の施術期間も気になるところですが、脱毛サロンの場合は2年~3年で、脱毛クリニックの場合は1年~2年となっています。こちらも腕毛の濃さによって異なりますので、気になる方はカウンセリングで確認をしておきましょう。
また、腕毛の脱毛をする際に注意したいのが硬毛化と増毛化です。特に肘から上の二の腕は毛が太くなる硬毛化が起こることも少なくありません。そして、脱毛によって刺激を受けた肌が増毛化することもあるのです。これは刺激によって毛穴から逆に毛が生えてしまうことで、硬毛化や増毛化が起こってしまったら脱毛サロンや脱毛クリニックに相談しましょう。そして、事前のカウンセリングでも硬毛化と増毛化の説明が行われます。

まとめ

半袖になるとどうしても腕毛が気になってしまいますが、そういった場合はフラッシュ脱毛やレーザー脱毛が効果的です。これらの脱毛方法は一度の施術で広範囲の脱毛が可能ですので、ムダ毛の中でも範囲の広い腕毛脱毛に向いています。フラッシュ脱毛の場合でしたら12~18回、レーザー脱毛の場合は6~8回で脱毛が出来るでしょう。しかし、腕毛の濃さには個人差がありますので、人によって回数は前後します。そして、施術期間は脱毛サロンの場合は2年~3年で、脱毛クリニックの場合は1年~2年です。

初めての方限定

施術例

用語集

採用情報