VIOのセルフ脱毛は難しい?自宅で脱毛する方法とは?Knowledge

誰もがムダ毛に悩んでしまうものですが、これは女性だけでなく男性もムダ毛に悩む時代です。特にVIOラインのムダ毛は気になってしまうので、出来ることなら自宅で脱毛をしたいものでしょう。こちらではVIOラインのセルフ脱毛について解説いたします。そして、セルフ脱毛にはさまざまな脱毛方法がありますが、それぞれのメリットとデメリットについても解説いたします。VIOラインはデリケートな部分ですので、正しい知識を身に着けてから脱毛を行いましょう。

VIOラインのセルフ脱毛は出来るのか

ムダ毛の中でもVIOラインは気になるものですがデリケートゾーンであることから、脱毛サロンや脱毛クリニックに行けない方は多いことでしょう。そのため、自宅でVIOラインの脱毛を考える方は少なくありません。そして、最近は女性だけでなく男性もムダ毛への意識が高まっており、VIOラインの脱毛を考える男性も増加しています。それでは、VIOラインの脱毛は自宅でも可能なのでしょうか。
VIOラインの脱毛は自宅でも十分に可能ですが、脱毛サロンや脱毛クリニックなどの専門的な施術ではありませんので、どうしても上手く脱毛することは出来ません。しかし、近年はセルフ脱毛方法も増加しており、これまで以上に手軽なセルフ脱毛が可能となっています。そのため、VIOラインが気になる方はセルフ脱毛を検討しても良いでしょう。
VIOラインのセルフ脱毛は家庭用フラッシュ脱毛器、脱毛クリーム、脱毛ワックスがあります。中でも人気があるのは家庭用フラッシュ脱毛器でしょう。家庭用フラッシュ脱毛器の性能は向上しているため、これまでの性能に満足出来なかった方も試すべきでしょう。これと同様に脱毛クリームと脱毛ワックスがありますが、これらも改良が繰り返されています。しかし、それぞれの脱毛方法にはメリットとデメリットがあるのです。

セルフVIO脱毛のメリットとデメリット

セルフVIO脱毛にはさまざまな種類がありますが、それぞれにメリットとデメリットがありますので、それらを理解した上で行いましょう。最も注目されている脱毛方法は家庭用フラッシュ脱毛器ですが、こちらは脱毛サロンで行われているようなフラッシュ脱毛が自宅で出来るだけでなく、一度に広範囲の脱毛が可能です。そして、これまでの家庭用フラッシュ脱毛器は肌へのダメージが強かったのですが、現在は肌へのダメージが軽減されています。そのため、肌荒れが気になる方も安心でしょう。
しかし、脱毛サロンのフラッシュ脱毛と比較すると、どうしても効果が弱くなってしまいます。そして、脱毛後のスキンケアも自分で行う必要があるため、場合によっては肌トラブルが起こることもあるのです。
脱毛クリームのメリットは何より手軽ということでしょう。クリームを塗った後に拭き取るだけで脱毛が出来ます。しかし、これは一時的な除毛ですのですぐにムダ毛が生えるだけでなく、肌が炎症を起こす可能性もあるのです。
脱毛ワックスはクリームよりも効果が持続しますが、いずれはムダ毛が生えてしまいます。そして、ワックスを剥がす際には痛みや肌荒れもあるのです。場合によっては埋没毛の原因となることもあります。

>まとめ

男性の中でもVIOラインのムダ毛が気になる方がいますが、これらのムダ毛処理は自宅でも可能です。家庭用フラッシュ脱毛器であれば脱毛サロンのようなフラッシュ脱毛が出来ますが、脱毛サロンと比較すると効果が弱くなってしまいます。さらに、脱毛後のスキンケアも必要です。脱毛クリームは非常に手軽ですが一時的な除毛しか出来ませんので、すぐにムダ毛が生えてしまいます。炎症の可能性もあるでしょう。脱毛ワックスはクリームより効果が続きますが、いずれはムダ毛が生えてしまいます。痛みや肌荒れが起こることもあるのです。これらを理解した上で行いましょう。

初めての方限定

施術例

用語集

採用情報