すねの脱毛を自分でしたい…セルフ脱毛の方法と注意点Knowledge

男性は思春期になると体毛が生えるもので、すね毛もそのひとつです。しかし、あまりに濃いすね毛は不潔なイメージがありますので、脱毛を検討する男性は少なくありません。特に夏場になるとハーフパンツになることも多いため、すね毛が丸見えになってしまうのです。さらに、彼女や奥さんから嫌がられることも少なくありません。そのため、こちらでは自宅で出来るすね毛脱毛について解説いたします。すね毛脱毛にはさまざまな種類がありますので、こちらで確認をしましょう。

自宅で出来るすね毛脱毛とは

男性であれば誰もがすね毛が生えるものですが、あまりに濃いすね毛は不潔なイメージを与えてしまいます。すね毛を嫌がる女性も多いため、夏場になかなかハーフパンツが履けない男性も多いことでしょう。さらに、すね毛が絡まることもありますので、引っかかって痛みを感じることもあるのです。そして、汗をかくと湿気がこもりますので衛生面でも不安があります。そのため、自宅ですね毛脱毛を考える男性は少なくありませんが、これにはどういった方法があるのでしょうか。
ひとつの方法はカミソリやシェーバーを使うことでしょう。男性は誰もが日常的に髭剃りを行いますので、自宅にカミソリやシェーバーがあるものです。これらを使って自宅ですね毛脱毛をすることが出来ます。
また、そのほかに脱毛クリームや脱毛ワックスを使用することですね毛脱毛も可能です。脱毛クリームや脱毛ワックスを使用する方は多いことから、ドラッグストアなどでこれらは簡単に購入することが出来ます。
そして、近年に人気が高まっているのは家庭用フラッシュ脱毛器でしょう。家庭用フラッシュ脱毛器はネットショップや家電量販店で販売されていますので、そういった場所で購入してください。

それぞれの脱毛方法の特徴について

自宅で出来るすね毛脱毛はさまざまな種類がありますが、最も手軽な方法はカミソリやシェーバーで剃ることでしょう。すね毛を短くカットしてから剃りますが、これは皮膚の表面のすね毛だけしか処理が出来ませんので、ツルツルをキープするには毎日処理をする必要があります。そして、カミソリ負けによって肌荒れを起こすこともあるのです。
脱毛クリームはすね毛を溶かすことで脱毛を行いますが、こちらも皮膚から出ているすね毛の脱毛しか出来ません。そのため、カミソリと同様に毎日行う必要があります。肌質によってはクリームによって肌荒れを起こすこともあるでしょう。脱毛ワックスはワックスを剥がすことですね毛を引き抜くため、脱毛クリームのように毎日処理をする必要がありません。しかし、ワックスの粘着力が強いため肌にダメージを与えることもあるのです。
家庭用フラッシュ脱毛器は脱毛サロンのようにフラッシュ脱毛が出来ます。そのため、高い効果が期待出来ますが、高いモデルでは10万円近くかかることもあるのです。さらに、家庭用フラッシュ脱毛器は定期的にカートリッジを交換しなければなりませんので、ランニングコストについても考える必要があります。また、脱毛サロンのフラッシュ脱毛ほどの出力はありません。

まとめ

すね毛は不潔なイメージがあることから、これを嫌がる女性は少なくありません。自宅ですね毛脱毛をすることが出来ますが、カミソリやシェーバーは毎日の処理が必要で、肌荒れを起こす可能性があります。そして、脱毛クリームは手軽ですが毎日の処理になり、クリームが肌に合わない方も少なくありません。脱毛ワックスでの処理も出来ますがワックスは強い粘着力ですね毛を引き抜くため、痛みや肌荒れを起こすこともあるのです。家庭用フラッシュ脱毛器は高額なモデルも多く、カートリッジの交換費用についても考える必要があります。

初めての方限定

施術例

用語集

採用情報