敏感肌でも背中の脱毛は可能です

敏感肌であっても、事前に相談しておくなどポイントを押さえれば施術は可能です。ただし広範囲にニキビができているなど、肌の状態によっては制限がかかることがあるため注意しましょう。
サロンで行われる光脱毛は出力を弱めに設定しているため、できるだけ肌を傷つけにくいよう配慮されています。また脱毛したほうがかえって肌の調子が良くなる可能性もあるため、一度自分の肌や毛の状態を見直してみるとよいでしょう。

サロンでの脱毛は敏感肌にも対応しています

敏感肌のためサロンでの施術が不安という人も多くいます。そのようなニーズに対して、サロンもできるだけの方策を打ち立てているため、一度相談してみるとよいでしょう。

【光脱毛は比較的に肌の負担が少ないと言われています】
多くのサロンで使われている脱毛方法は、光脱毛あるいはフラッシュ脱毛と呼ばれるものです。出力に制限があるため医療脱毛よりも効果が薄いと言われていますが、その分肌には優しく、敏感肌の人でも比較的に取り組みやすい脱毛方法と言えます。
また出力の調整ももちろん可能であるため、万が一肌に影響が出てしまった場合は次回から出力を弱めるということもできます。

【カウンセリングから始めましょう】
敏感肌で不安だという場合は、一人で悩まずにまずはその店に相談してみるのがよいでしょう。多くのサロンにはカウンセリングを担当するスタッフがおり、「敏感肌なので不安である」というような個々の悩みにも丁寧に対応してくれます。
敏感肌に対するそのサロンでの取り組みを教えてもらえたり、施術の際に微調整してもらえたりなど配慮されているため、敏感肌の人でも脱毛を検討しやすいでしょう。

【軽いニキビ程度なら施術可能です】
すでに肌が荒れてしまっているものの施術を検討しているという場合は、どのくらいの肌荒れが見られるかによって、施術可能かどうかが異なります。背中に軽いニキビが一つ二つある程度であれば、そこにシールを貼ったりなどして隠すことで、施術が可能です。
しかし背中全体にわたって毛嚢炎やニキビなどがある場合、照射するための機械が反応してしまったり、患部を刺激してしまったりする可能性があるため、施術することができません。広範囲に及ぶ場合はしっかりと治療してから施術を相談した方がよいでしょう。

自己処理がかえって肌を傷つけることがあります

人によっては、サロンでの脱毛で肌が荒れたりかぶれたり、毛嚢炎などを起こしたりすることを怖がって、自己処理で出来るだけ済ませたいと考える人もいるでしょう。しかし実はその自己処理こそが、かえって背中など処理をする部分の肌を傷つけている場合があります。
普段自宅でムダ毛を処理する場合に使う方法には様々なものがあるでしょう。しかし以下のようにいずれの方法でも多かれ少なかれ、肌に負担をかけることは変わらないことも知っておきましょう。

【カミソリ】
カミソリは当然、肌の上を滑らせる時に肌に刃が当たります。力の加減を間違えたり、シェービングジェルなどを使用しなかったりすると、簡単に肌が傷ついてしまうでしょう。
カミソリ負けして処理の度に血が滲んでしまうという人もいるはずです。

【除毛クリーム】
血は出ないものの、除毛クリームによる処理もやはり肌に負担をかけます。毛に含まれる成分を溶かすことで除毛効果を生み出していますが、その成分が地肌に何の影響も与えないわけではありません。
そのため除毛クリームを使う時はパッチテストが必須となります。

【脱毛タオル】
脱毛タオルは肌をこすることで毛を絡め取り、抜いていく仕組みになっています。しかしすべての毛を抜くためには当然かなりの回数をこすらなければなりません。
また毛を引っこ抜くたびに肌が引っ張られ負担をかけます。

【除毛テープ・ブラジリアンワックス】
除毛テープやブラジリアンワックスといった、毛を張り付かせて引っ張って抜くタイプの脱毛方法も、やはり毛を引っ張る分肌に負担をかけるでしょう。

手入れのしかたで肌が変わってきます

もし自宅での手入れを続けていて敏感肌だという人は、今までのムダ毛の処理方法やムダ毛処理後のケアを見直してみることで、敏感肌が治りやすくなる可能性もあるでしょう。次のようなことを見直してみましょう。

【保湿をしているか】
ムダ毛処理をした後は保湿が重要です。とくにカミソリで手入れしている場合、肌の表面の角質をカミソリの刃が削ってしまうため、肌の表面が荒れやすくカサカサになってしまいます。
男性であっても化粧水や専用のクリームなどを塗り、保湿に努めましょう。

【不要に服が触れていないか】
ムダ毛処理の直後は洋服が肌に擦れるわずかな刺激であっても、肌にダメージを与えてしまうことがあります。敏感肌だという自覚がある場合は、できるだけ柔らかい生地の服を着たり、あるいは寝る時に仰向けの姿勢を避けたりするとよいでしょう。

【常に清潔を保っているか】
背中にニキビなどができやすいという場合は、敏感肌というよりも単純に肌の表面が不潔である可能性もあります。背中は汗腺が発達している場所で、汗をかきやすく、また産毛が密集して生えているため蒸れやすい場所です。
夏場になるとニキビができやすいという人は、とくに清潔かどうかを確認してみましょう。

脱毛することでかえって敏感肌の予防になることがあります

実は背中の脱毛をすることで、結果的に敏感肌の改善に役立つことがあります。そのため敏感肌に悩んでいる場合は、もし施術に支障がないのであれば一旦施術してもらった方が悩みから解放されやすくなるかもしれません。

【背中の脱毛をすると背中が蒸れにくくなります】
背中の脱毛をすることで、背中に汗をかいた時、当然その汗を受け止めるべき産毛などがなくなります。すると汗はそのまま背中を伝い落ちるため、背中に止まって蒸れるということがなくなるのです。
激しい運動などで背中に汗をかきやすい人、背中にニキビなどがたくさんできている人は、背中の脱毛をすることで改善につなげて行ける可能性もあります。

【自分での手入れが減る分、肌の回復時間が長くなります】
背中の脱毛をすることで、肌が傷つく時間を短く、回復する時間を長く取ることができ

ます。自己処理中心だった場合、脱毛まで行うことは少なく、だいたい見えている毛を剃るだけとなるでしょう。
すると当然伸びるのが早く、1日2日もすればまたカミソリを当てなければならないはずです。このため自己処理による肌の負担がますます増えてしまい、結果的に敏感肌となっている可能性があります。
そこで背中の脱毛をすることで、一旦このような処理を不要にする時間を作ることができるでしょう。その分お肌が回復する時間となるため、敏感肌の人でも悪化を防ぎやすくなります。

背中の脱毛は敏感肌でもできる?

敏感肌でも背中の脱毛は可能です

敏感肌でもポイントを押さえることで背中の脱毛ができます。サロンでの光脱毛は出力を調整できるため、必ず相談することが大切です。また脱毛することで肌の調子が上向く可能性さえ考えられます。

サロンでの脱毛は敏感肌にも対応しています

サロンでの脱毛は光脱毛を利用するため、肌の刺激が少ないと言われています。またわずかなニキビであれば背中にあったとしても施術可能です。サロンではカウンセリングが受けられるため、敏感肌で不安な場合は上手に利用していきましょう。

自己処理がかえって肌を傷つけることがあります

ムダ毛を自己処理する場合、その方法にはカミソリや除毛クリーム、脱毛タオルなどさまざまな方法があります。しかしいずれも肌を傷つけたり、引っ張ったりなど、肌に負担をかけることには変わりません。

手入れのしかたで肌が変わってきます

実は、敏感肌であることは普段の手入れによって生み出されているかもしれません。自分で処理をした後に保湿しているかどうか、清潔にしているか、あるいは服が擦れるなど外部の要因がないかなどをチェックしてみましょう。

脱毛することでかえって敏感肌の予防になることがあります

背中の脱毛をすると汗が背中に留まりにくくなるため、背中が蒸れにくくなります。そのため結果的に肌荒れを防ぐ役にも立つのです。また自己処理の間隔をあけられるようになるため、肌の回復に役立つ可能性もあります。

背中脱毛のよくあるご質問

敏感肌ですが脱毛しても大丈夫ですか?

脱毛することでかえって敏感肌の予防になることがあります。実は背中の脱毛をすることで、敏感肌の改善に役立つことがあります。そのため敏感肌に悩んでいる場合は、もし施術に支障がないのであれば一旦施術してもらった方が悩みから解放されやすくなるかもしれません。