そもそも、脱毛とは決して難しいものでもありません。体の一部を医療的な技術なしに処理するわけですから、それこそ爪を切ったり眉を整えたりすることともあまり変わりません。そのため、自宅脱毛自体はそこまでハードルの高いものでもないです。

自宅で脱毛する方法

主に脱毛は、毛抜きで抜毛する、かみそりなどでシェービングするといった方法が一般的です。毛抜きもかみそりも、気軽な金額で買えるものですし、またコンビニやドラッグストアで身近に手に入れられます。自宅で脱毛をするだけなら、結構簡単に実現できてしまいます。
ただ、美しい仕上がりを目指すとなると、個人ではなかなか実現できません。それこそ見栄えが悪くなったり、肌にトラブルを抱えてしまうこともあるでしょう。だからこそ、サロンやクリニックにおける脱毛が注目を集めているのです。
とはいえ、自宅脱毛のメリットもまた軽視できません。費用が抑えられる、いつでも好きな時にできる、人目を気にすることなく気軽に実践できるなど、自分でおこなうからこその魅力も多いです。そのため、リスクの少ない適切な自宅脱毛の方法を知っておくことにも、大きな意味があるといえます。

おすすめの方法について

前述では、かみそりや毛抜きを使った定番的な脱毛をご紹介しました。ですがこれらは、手軽である一方やはりトラブルの起こりやすい方法でもあります。そのため、さらなる少し専門的なやり方についても、紹介します。

たとえば、脱毛テープです。腕やすねにテープなどが貼り付いたとき、はがすのは痛くて大変でしょう。ですが、一度に多くのムダ毛を処理したいと考えるなら、ある意味効率的でもあります。毛穴に直接触れないため、逆に衛生的ですらあります。とはいえ、痛みが大きいということはそれだけ皮膚に負担を与えているとも言い換えられます。
脱毛テープに近い形式としては、ブラジリアンワックスも有名です。こちらは、粘性のあるワックスをムダ毛を処理したい肌に塗り付け、固まったところで引き剥がすといったやり方です。脱毛専用のワックスとなるため、肌トラブルは意外に起こりにくいです。
痛みの少ない方法としては、除毛剤を使った脱毛が代表的です。ブラジリアンワックスのように粘性ある薬剤を肌に塗り付けますが、こちらは固まりません。科学的に脱毛させられるので、あとは濡れタオルなどで拭き取ればムダ毛もきれいに除去できます。とはいえ、しっかり生えたムダ毛を自然に抜き去るほどの強力な薬剤に他なりません。使用後のケアにも気を遣いましょう。

自宅で脱毛をするときの注意点

上記の通り、プロの手を借りずにおこなえる自宅脱毛もまた、いくつかの種類が存在します。ですがこれらの場合、注意しなければならないことも存在します。上記でも何度か説明していますが、とにかく大切なのが脱毛後のケアです。専用の器具やプロの技術が伴わない脱毛は、とにかく肌に大きな負担を与えます。そのため、傷んだ肌をいたわることが欠かせないのです。
主には、クリームやローションによる保湿、アイシングなどが一般的です。潤いが加わると、皮膚が備える炎症を抑える機能の向上が期待できます。またケア用のローションなどであれば、衛生面を保つ意味でも効果的でしょう。施術後は、必ずおこなうようにしてください。
プロに任せる脱毛には、それなりの費用が伴います。ですが、自宅で独自に実践できれば、その点経済的な負担は大きく和らげられるでしょう。上記のような方法を、検討してみてください。ですがやはり、仕上がりの美しさや肌への負担を考えるなら、プロによる脱毛の方がおすすめといえるでしょう。

ニードル脱毛ならアロンソ

カテゴリー