毛周期と脱毛の関係とは?実は部位ごとに毛周期は違うって?Knowledge

脱毛を考えている男性であれば毛周期について知っておく必要がありますが、毛周期の具体的な意味について分からないことは多いもの。毛周期とは体毛の生え変わる周期を意味しており、これを理解することで効率的な脱毛が出来ます。そのため、こちらでは毛周期について具体的な解説をしますので、脱毛をする前に知識を身に着けておきましょう。そして、毛周期は部位によっても異なりますので、部位ごとの毛周期についても解説いたします。

3種類のサイクルで成り立つ毛周期

体毛とは生え変わるものですが、そこにはサイクルが存在しています。これは毛周期と呼ばれており、このサイクルによって生え変わりが行われているのです。毛周期の最初の段階は成長期と呼ばれています。成長期はその名前が示す通り体毛が活発に成長をしており、皮膚の表面に現れるまでの段階です。体毛は毛乳頭にある毛母細胞から酸素や栄養素を受け取って細胞分裂を繰り返し、これによって体毛は伸びています。さらに、成長期の体毛はメラニン色素が濃くなる傾向にあり、徐々にムダ毛が目立つようになるのです。
そして、成長期を過ぎた体毛は退行期に突入します。退行期とは体毛の細胞分裂が停止した状態ですので、成長も停止しています。これによって毛根が退縮し、体毛は毛乳頭から離れて毛穴も萎縮するのです。そのため、退行期の体毛を引っ張ると簡単に抜け落ちてしまいます。そして、体毛が抜け落ちるとバルジ領域と呼ばれる場所から発毛因子である毛包幹細胞が生み出され、次の体毛が生える準備が始まるのです。
また、体毛が抜け落ちて次の体毛が生えるまでの状態は休止期と呼ばれています。この時期は体毛と毛乳頭が完全に切り離されているので、毛包幹細胞は毛穴の下に移動して新たな毛母細胞が作り出されるのです。毛周期とは成長期、退行期、休止期のサイクルを意味しています。

部位によって毛周期は異なる

体毛は毛周期と呼ばれるサイクルによって生え変わっていますが、体毛の部位によって毛周期は異なります。頭髪は最も長い毛周期を持っており、生えたばかりの頭髪は3年~4年で退行期に突入して、その後は自然と抜け落ちるようになっています。逆に眉毛は最も短い毛周期となっており、3ヶ月~4ヶ月で抜け落ちるのです。
この毛周期は脱毛にも影響を与えており、効果的に脱毛をするのであれば成長期のムダ毛でなければ効果がありません。脱毛をするにはムダ毛と毛乳頭が結びついている状態である必要があるので、退行期に入ったムダ毛は毛乳頭から離れているのです。そのため、いくらレーザー脱毛やフラッシュ脱毛をしても、毛乳頭にダメージを与えることが出来ないので再びムダ毛が生えてしまいます。
そして、毛が抜け落ちた状態である休止期にもレーザー脱毛やフラッシュ脱毛は効果がありません。そのため、脱毛をするのであれば成長期のムダ毛に施術を行う必要があるのです。脱毛はどうしても肌にダメージを与えてしまうので、効果の出ない時期に脱毛をしても肌を傷めるだけになってしまいます。そのため、しっかりと脱毛をするには毛周期に合わせて施術を行う必要があるのです。脱毛サロンではひとりひとりの部位の毛周期をチェックしていますので、効率的な脱毛出来ます。

まとめ

体毛は毛周期というサイクルによって生え変わっています。この毛周期には成長期、退行期、休止期の3つがあり、これらのサイクルは部位によって異なるのです。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛を行う場合、退行期と休止期のムダ毛は効果が発揮されませんので、成長期を狙う必要があります。そのため、毛周期は脱毛に大きな影響を与えていると言えるでしょう。また、脱毛サロンでは毛周期のカウンセリングを行ってから施術を始めるので、効率的な脱毛が出来ます。

初めての方限定

施術例

用語集

採用情報