【背中脱毛の基本情報】ムダ毛もニキビもないきれいな背中を目指して

自分の背中は注視する習慣がない限り、どのような状態になっているのか把握しにくい箇所です。特に男性の背中はムダ毛が目立ちやすく、コンプレックスにもなりかねません。他人から背中の毛が濃いと指摘されるのは避けたいという男性も多いでしょう。

自分からは見えにくいために、セルフケアを行おうにも限界があることも事実です。また、ムダ毛のみならずニキビに悩まされる男性も少なくありません。

この記事では「背中をきれいに保ちたい」「きれいな背中になるために脱毛を検討している」という男性に向けて、背中脱毛のメリットや注意点を解説します。脱毛ができる場所や通う回数なども併せて見ていきましょう。

背中脱毛をする3つのメリット

背中脱毛をする3つのメリット

ムダ毛の処理は自分が見える箇所を優先する人が多く、背中はおろそかになりがちです。一方、服装によっては人目につくことも事実であり、きれいであるに越したことはありません。ここでは、背中脱毛のメリットを紹介します。

水着やタンクトップが堂々と着られる

背中脱毛のメリットとしてまず挙げられるのは、着るものを選ばないことです。海やプールで水着になっても、暑い時期に背中が見えるタンクトップを着ても人目が気になりません。また、着替えで上半身裸になるときも安心です。

男性の背中にムダ毛があることは、決して珍しいことではありません。一方で、ムダ毛が多い背中にマイナスなイメージを持つ女性が多いことも事実です。きれいな背中に色気を感じるという声もあり、ムダ毛の有無で女性が持つ印象は異なります。

ファッションを存分に楽しめる上に女性から好印象を持たれるのは、背中脱毛ならではのメリットです。

背中ニキビの改善が期待できる

背中には多くの皮脂腺があり、ムダ毛が皮脂詰まりや炎症の要因になる場合があります。洗髪の際にコンディショナーのすすぎが不十分だと背中のムダ毛に付着して、毛穴詰まりの原因のひとつにもなり得ます。自分からは見えないためにケアも行き届かないことも、背中にニキビができやすい理由です。

背中脱毛を行うと、ムダ毛による皮脂詰まりや炎症、コンディショナーの付着による毛穴の詰まりなどの問題は軽減され、ケアも楽です。毛穴が引き締まることで、ニキビの改善や予防が期待できることも大きなメリットです。

自己処理の手間が省ける

他人に背中のムダ毛が濃いと言われたり、自分自身がムダ毛の存在が気になったりしても、自己処理は慎重に検討しましょう。ムダ毛の自己処理は手軽で安価である一方、思わぬトラブルを招くことがあるからです。

かみそりによる自己処理は剃り残しや誤って肌を切ってしまう可能性もあります。また、背中にニキビがある場合は、かみそりがニキビに当たって悪化させてしまうかもしれません。

背中脱毛を行えば、ムダ毛やニキビなどのコンプレックスが解消されるだけでなく、面倒な自己処理も不要になります。これらのトラブルを避けるためにもプロによる脱毛を検討しましょう。

脱毛による背中ニキビへの影響とは?

背中脱毛の範囲とは?

背中脱毛の範囲はサロンによって異なります。「両肩を除く腰より上」「背中一面」「胸や腹、腕を含む上半身全部」など、さまざまなコースが用意されているので事前に確認しましょう。

ここで大切なのは、脱毛後の状態をイメージすることです。たとえば「背中だけ」の脱毛では、肩や腰には毛が生えている状態であり、背中だけが無毛というのは不自然になりかねません。どの箇所にどれだけの毛が生えているかは個人差があるため注意が必要です。

脱毛部位を増やすと料金も変わります。見た目が自然であることはもちろんですが、予算も考慮して範囲を検討しましょう。

背中脱毛の範囲についての詳細

背中脱毛に通う回数

多くの場合、背中の脱毛は複数回の施術を受ける必要があります。毛量や毛質には個人差があり、施術の回数も異なるものの、目安となる回数を把握しておくことは大切です。ここでは、サロンやクリニックに通う回数について解説します。

サロンの場合

サロンの場合、目安は1012回です。背中には産毛もあるため、ツルツルの肌になるまで脱毛するとなると、比較的回数は多くなります。脱毛の効果は6回目あたりから実感する人が多く、減毛の場合は5回程度のコースで様子を見ても良いでしょう。

料金は、1回ごとに支払うプランのほか、5回や10回など、あらかじめ回数を指定することで割安になるプランもあります。少ない回数のプランから初めて、満足できる状態になったら完了するのもひとつの方法です。自分が目指す肌の状態までどのくらいの回数が必要か、カウンセリングを受けて検討しましょう。

特に、ツルツルの状態を目指す場合は思っていたよりも回数が多くなることもあります。だからといって途中でやめるのではなく、脱毛が完了するまでしっかりと通うことが大切です。

クリニックの場合

クリニックに通う場合の目安は510回です。サロンよりも少ない回数で完了できるケースが多く、想定していた回数に至る前に満足できることもあります。

クリニックでは、サロンよりも高出力のマシンで照射するため、脱毛効果は高いとする見方が一般的です。また、サロンとは異なる、より効果の高い脱毛方法を採用しているクリニックも少なくありません。部位の取り方やプランはクリニックによって異なります。

料金はサロンよりも割高な傾向があるものの、早く脱毛を完了したい人や確実性を求める人にとっては有効な選択肢です。効果を実感する段階が早いため、はじめは3回など少ない回数のコースを選択して、様子を見ながら1回ずつ追加していくなど工夫しましょう。

背中脱毛に通う回数について直接サロンサロンに問い合わせる

背中脱毛で確認しておくべきポイント

背中脱毛で確認しておくべきポイント

脱毛の料金は前払いがほとんどであり、注意点を把握せずに契約すると料金を支払ってから問題が起きることもあります。トラブルを防ぐためにも下調べは重要です。ここでは、背中の脱毛を検討するにあたって事前に確認しておくべきポイントを紹介します。

事前のシェービングは必要か

サロンの光脱毛、クリニックのレーザー脱毛とも、事前のシェービングが必要です。サロンやクリニックによっては施術前にシェービングをしてくれるところもあります。背中は自己処理が難しいため、料金を確認したうえで依頼すると安心です。

シェービングを行っていないサロンやクリニックの場合は、家族や友人などにお願いして剃ってもらいましょう。電気シェーバーを使うことで、より安全に処理できます。

無理な自己処理は肌を傷めるため、避けるのが無難です。肌が傷ついていると施術に影響することもあるため注意しましょう。また、極端な深剃りは脱毛の効果が得にくいとする見方もあります。いずれにしても、どのような状態にしておくべきか確認しておきましょう。

どこまで脱毛するか(範囲)

背中の脱毛を検討する際には、腰や肩などをどうするか決める必要があります。「背中脱毛の範囲とは?」でも解説したとおり、背中のみの脱毛は不自然な見た目になる可能性もあり、注意が必要です。

特に「これまで腰や肩、胸、腹などの脱毛を経験したことがない、脱毛は背中が初めて」という場合は、脱毛後の肌と脱毛していない肌の違いがイメージしにくく、想像とは異なる仕上がりになる可能性も否めません。

サロンによっては「上半身全部」など、広範囲のコースを設定しています。不自然な仕上がりを回避したい場合は、肩や腰を含む広範囲の脱毛を検討しましょう。

予約は取りやすいか

脱毛を行うサロンやクリニックとは長期間の付き合いになります。ある程度自分の希望に合わせて予約が取れることは、脱毛完了まで通い続けるための必須条件だと考えましょう。どれほど人気のサロンであっても、予約が取りにくいと自分のスケジュールが組めなくなります。キャンセル待ちをしようにも、いつキャンセルが出るかわからない状況はストレスです。

基本的には、施術後に次回の目安となる時期をサロンのスタッフが提案してくれます。この時期は脱毛の効果が出やすいタイミングであるため、提案された日時と自分の予定が合わない場合、期間内でどの程度融通が利くのかを確認しておきましょう。

予約キャンセル料金はかかるか

脱毛は1カ月半~2カ月程度のサイクルで通うのが一般的です。次回の予約を取れても、それだけ先のことは確約できないという人もいるでしょう。体調や仕事の都合などで、直前や当日にキャンセルせざるを得ない状況になることもあります。

予約が取りにくいサロンでは、一度キャンセルすると予約変更が難しく、効果が出やすい適切な時期を逃がしてしまうことも少なくありません。場合によってはキャンセル料金が発生するサロン・クリニックもあります。このような事態を防ぐには、キャンセルの可否とキャンセル料金の有無、予約変更は何回まで可能かを確認しておくことが大切です。

産毛も脱毛できるか

サロンの光脱毛やレーザー脱毛は黒い色素に反応します。そのため、濃く太い毛には効果が大きく、色素の薄い毛や産毛には効果が小さいのが一般的です。

背中に生えている毛の毛質は個人差がありますが、他の部位と比較すると産毛が多い傾向があります。「自分は背中の毛が濃い」と感じていても、産毛の量が多いために背中全体が毛深い印象になっていることも少なくありません。

濃い毛よりも脱毛の効果が劣るのは仕方がないものの、他のマシンやニードル脱毛であれば脱毛が可能なケースもあります。産毛が残ってしまった場合の対応は確認しておきましょう。

背中脱毛についてサロンに確認する

背中脱毛の流れ

脱毛施術イメージ

脱毛は、サロンやクリニックにいく前に下調べをしておくと不安や緊張が軽減されます。1回目の予約を入れる前に、以下で説明する流れと当日までに済ませておくべきポイントを把握しておきましょう。

事前準備

シェービングは施術の12日前までに済ませておきます。肌を傷つけるリスクを回避するため、かみそりよりも電気シェーバーがおすすめです。シェービングは少なからず肌へダメージを与えます。当日までに肌のダメージを回復させるためにも、直前に剃ることは避けましょう。

光脱毛やレーザー脱毛の効果が得られやすいのは、毛が23mm伸びている状態です。極端な深剃りは効果が小さくなるため避けましょう。処理後は肌をしっかりと保湿してダメージの回復をサポートします。少々の剃り残しはサロンで対応してくれることもあるため、あまり神経質にならずに処理しましょう。

施術当日

施術当日は以下の流れで進んでいきます。サロンによって多少の違いはあるものの、基本形として把握しておきましょう。


事前カウンセリング

まずは、毛の仕組みや脱毛方法、注意点などについてのカウンセリングを受けます。この時点で、不安な点や疑問がある場合は質問しておきましょう。続いて脱毛のコースや料金を確認します。脱毛範囲や予算を考慮してプランを選びましょう。追加料金の有無や、どんなものに料金が発生するのかを確認しておくと安心です。

事前カウンセリングは、顧客の不安や疑問を取り除き、安心して施術を受けるために行われます。遠慮せずに自分の意志を伝えることが大切です。


テスト脱毛(無料)

脱毛の痛みが心配な人は、テスト脱毛で痛みの程度を確認できます。また、日焼けしている、刺激を受けると痒くなるなど、肌に関して不安な点がある場合は、カウンセリング時にテスト脱毛を希望しましょう。

テスト脱毛は実際の施術と同じ流れで進むため、施術に関する不安も払拭(ふっしょく)されます。特に脱毛が初めての人は受けておくと安心です。


脱毛

施術は熟練のスタッフが行います。毛量や毛質はもちろん、肌の水分量などその日の状態に合わせてマシンレベルを調整した後、施術部位を清潔に拭き取り、肌を保護するジェルを塗ります。照射を行ったらジェルを拭き取り、施術部位をしっかりと冷却します。最後に保湿美容液でケアを行い脱毛は終了です。

脱毛中はリラックスした状態で問題ないものの、アフターカウンセリングに向けて気づいたことを覚えておくといいでしょう。


アフターカウンセリング

アフターカウンセリングでは、施術を受けて疑問に思ったことや不安、希望などを伝えます。この内容は次回に生かされるため、遠慮せずに伝えましょう。スタッフから発毛周期に合わせて次回施術日の目安を提案され、予約をして終了です。

背中脱毛の流れについての詳細はこちら

背中脱毛の気になるポイント

背中脱毛の気になるポイント

背中の脱毛にはいくつかの注意点があります。起こり得る問題を事前に把握することは、リスクを回避するためにも大切です。ここでは、背中の脱毛を受ける前に把握しておきたいポイントを解説します。

日焼けをしないようにする

暑くなり肌を露出する機会が増えてきたから、背中を脱毛しようと考える人も多いかもしれません。しかし、日焼けした肌への施術は推奨できません。

光脱毛は黒い色素に反応する性質を利用しています。そのため、日焼けで肌全体の色が濃くなると思わぬ肌トラブルにつながる恐れがあります。また、日焼けでダメージを負った上に脱毛でダメージを与えるのは、肌にとって非常に過酷です。特に日焼け直後で熱を帯びていたり乾燥していたりする場合は、脱毛の痛みも感じやすくなります。

普段、背中は洋服で隠れているため、日光が当たると炎症を起こしやすい箇所でもあります。海やプールにいくなど上半身裸になることは避け、日焼けしていない状態で脱毛に臨みましょう。

事前処理の手間がかかる

脱毛前のシェービングは、施術を受ける都度行う必要があります。普段からムダ毛の処理を行っていない男性にとっては手間であり、事前処理の煩わしさが脱毛を断念する要因にもなりかねません。

このような事態を防ぐためには、柄が長くなるなど使いやすいシェーバーをひとつ購入しておくことです。事前処理のためだけに買うのはもったいないと感じても、脱毛が完了に近づくにつれて腰や肩、身体の前側のムダ毛が気になり、新たな部位の脱毛を検討する可能性もあります。そのときのために、処理が苦にならないシェーバーを持っておくといいでしょう。

硬毛化する可能性がある

硬毛化は、光脱毛やレーザー脱毛を行う前よりも毛が太くなったり濃くなったりすることです。はっきりとした原因は不明であり、明確な手立てもないため、脱毛にあたっての大きな懸念材料になります。

そもそも、脱毛は毛をなくしたり減らしたりすることを目的としています。それにもかかわらず、反対の状態になるのは本末転倒です。理想の肌にならないばかりではなく、お金を払った上に毛が濃くなるのですから、もし硬毛化が起きた場合の対処は十分に確認しておきましょう。

サロンによっては「硬毛化保証」をつけていることもありますが、その内容には注意が必要です。硬毛化は照射を続ければ改善されるわけではなく、根本的な脱毛方法を変える必要があります。ニードル脱毛は硬毛化した毛も脱毛できるため、心配な場合はニードル脱毛での対応が可能なサロンを検討しましょう。

多少の痛みがある

脱毛には多少の痛みを伴うことがほとんどです。一般的には、照射の際に輪ゴムではじいた程度の痛みを感じます。無痛でできるものではないと考えましょう。

痛みは脱毛する部位によっても異なり、背中は痛みが少ないと言われています。個人差はあるものの脱毛を続けられないほどの痛みではありません。痛みに不安がある場合は、テスト脱毛で確認しましょう。

背中脱毛について気になる点を問い合わせる

背中脱毛で色気のある清潔な背中に

背中の脱毛はきれいな背中を目指す男性にとって非常に有効です。一方で、施術を受ける際には守るべき注意点もあります。また、硬毛化をはじめとするリスクもあり、どのサロンを選ぶかが仕上がりを左右すると言っても過言ではありません。

アロンソは、初めての脱毛でも安心して通える男性専門の脱毛サロンです。背中など広範囲に対応できる光脱毛と、永久脱毛ができるニードル脱毛の両方を行っています。そのため「産毛が脱毛できなかった」「硬毛化してしまった」といったケースにも対応できます。

施術代以外の追加費用は一切かからず、料金面でも安心です。ムダ毛やニキビのない清潔感のある背中を目指して脱毛をはじめましょう。

アロンソの背中脱毛について詳しくはこちら

女性脱毛技能士金子

メンズ脱毛お役立ちコラムを読んでいただき、ありがとうございます。 メンズ脱毛アロンソでは、ニードル脱毛でも痛みを極力抑えた超高周波タイプのスーパーフラッシュ法を採用しています。脱毛本場アメリカが認める「永久脱毛」と言われる施術方法なので、安心してお任せいただけます。メンズ脱毛をお考えであれば、ぜひ一度ご相談ください。 お電話でもフォームでも対応いたします。

カテゴリー