ひげ脱毛の種類や施術の手順

ひげについて悩みを抱えている人はたくさんます。たとえば、朝ひげを剃っても夕方には伸びていることに対してうんざりしている人もいるでしょう。また、青ひげをどうにかしたいと思っていたり、毎朝のひげ剃りが面倒だと感じていたりする人も多いです。なかには、ひげを剃るたびにカミソリ負けによる出血が起き、肌荒れに悩んでいるケースもあります。

そのようなひげにまつわる悩みを解決する方法として、ひげ脱毛があります。ひげ脱毛により、ひげの処理トラブルや問題を解消している人が増えていいます。

この記事では、ひげ脱毛の種類や施術の手順とともに、よくある疑問に対する回答を紹介します。「ひげを剃る必要がない毎日」を実現させるために、ひげ脱毛を検討してみましょう。

ひげ脱毛の種類

ひげ脱毛の種類について解説する

ひげ脱毛には大きくわけて2つの種類があります。具体的には、ひげを残さずすべて脱毛する「全体脱毛」と、一部を残して脱毛する「デザイン脱毛」です。ここでは、ひげ脱毛のそれぞれの種類について詳しく説明します。

ひげの全体脱毛

ひげは鼻や口の下のみならず、頬の一部にも生えています。そのすべての毛を脱毛するのがひげの全体脱毛です。

ひげ脱毛の施術は、鼻の下や口の下といったパーツごとに料金が決まっています。そのため、全体脱毛をする場合は、ひげが生えているすべてのパーツを選択する必要があります。ただし、ひげの全体脱毛を希望してパーツごとに料金を払うと、割高になる可能性もあるので注意が必要です。パーツを組み合わせるよりも、顔全体のコースを選ぶほうが料金は安く済むケースもあるので、状況に応じて選びましょう。

ひげ脱毛は完了までに複数回の施術が必要ですが、回数を重ねるごとにひげが薄くなり、ひげ剃りが楽になっていきます。ひげを全部取り除くので、脱毛が完了すればひげが生えていた部分がツルツルになります。ひげ剃りをしたくない人には、全体脱毛がおすすめです。

ひげのデザイン脱毛

鼻の下や顎先など希望する部分を残し、それ以外の部分を脱毛するのがひげのデザイン脱毛です。

残す部分についても、希望通りの形に整えられます。デザイン脱毛をすれば不要な部分のひげが生えなくなるので、自分で形を作って剃る手間もかからなくなります。普段のお手入れは残した部分の長さを整える程度で済むので、毎朝の支度も簡単です。

ひげの脱毛ができるパーツは細かくわかれているため、自分のこだわりに合わせたデザイン脱毛を実現できます。鼻の下や顎先以外にも、口の下や首周り、もみあげなどの部分的な脱毛が可能です。

デザイン脱毛は部分的にひげを残したいと思っているものの、手入れが面倒だと感じている人に適しています。また、脱毛でひげをすべてなくすことに抵抗がある人でも挑戦しやすいです。

ひげ脱毛の施術手順

1.来店予約
まずは電話やWebサイトなどから予約をします。ひげ脱毛に関して疑問や確認したいことがある場合は、あらかじめ確認したうえで予約をとりましょう。

2.事前準備
選んだ脱毛の種類に合わせて必要な準備をします。光脱毛の場合は、希望する部位をあらかじめシェービングしておきましょう。ニードル脱毛の場合は毛が生えた状態で施術を受けるため、特別な準備は必要ありません。

3.カウンセリング
脱毛をする前にカウンセリングを受けます。脱毛の仕組みや脱毛方法について説明され、注意点や料金プランについても提示されます。不安なことやわからないことがあれば、カウンセリングの際に質問しましょう。カウンセリングは基本的に無料です。

4.テスト脱毛
脱毛を始める前に、テスト脱毛を受けられます。脱毛の痛みが心配な人や肌が弱い人は、カウンセリングで相談してテスト脱毛を受けましょう。実際の施術と同じやり方で脱毛を試せます。

5.施術
肌や毛の状態に合わせてマシンを調整し、脱毛の施術をします。施術の前に肌を保護するためのジェルを塗るので安心です。痛みが強くて我慢できないときは、スタッフに声をかけましょう。

6.クールダウン
施術した後は肌が熱くなっているため、冷やしてクールダウンします。美容液で保湿し、肌のアフターケアもおこないます。

7.アフターカウンセリング
施術の感想を伝えたり、脱毛を受けて感じた不安を相談したりできます。毛周期を考慮したうえで次の脱毛に適した時期を提案されるので、次回の予約をとりましょう。

…脱毛の流れについての詳細はこちら

アロンソが選ばれる理由

アロンソが選ばれる理由

アロンソは、ひげ脱毛を希望する人から高い支持を集めるサロンです。単に脱毛をおこなっているわけではなく、男性の美容をコンセプトにして男性専用の脱毛サロンとして運営しています。そのため、脱毛の経験がない男性でも、抵抗なく気軽に通えるのです。

ひげ脱毛以外にもさまざまな部位の脱毛に対応しているので、男性の毛に関する悩みやコンプレックスを解消することが可能です。光脱毛だけでなくニードル脱毛も扱っているため、濃いひげやVIO脱毛もしっかり対応しています。

アロンソには「技術」「安心」「店舗」の3つのこだわりがあります。具体的には、以下のとおりです。

・技術
肌への負担が少ない脱毛方法を選び、脱毛後も肌が良好な状態を保てるように配慮しています。痛みを抑える取り組みにも力を入れており、なるべく短時間で施術が済むようにしています。

・安心
衛生面に配慮し、サロンを常に清潔な状態に保っています。施術は完全個室でおこなうため、プライバシーを守りながら脱毛できます。スタッフには納得いくまで質問や疑問を繰り返し、不安を残さないようにしましょう。

・店舗
恵比寿駅から徒歩5分の場所にあり、通いやすさも抜群です。施術中の会話も室外に伝わらない構造になっています。

なお、アロンソの料金体系は、脱毛料金のみでシンプルです。後から追加料金が発生することはないため、安心して施術を受けられます。

 

ひげ脱毛をするメリットとデメリット

ひげ脱毛をするメリット

ひげ脱毛にはさまざまな魅力があるため、すでにたくさんの人が始めています。ひげ脱毛をおこなうと、具体的にどのようなメリットが得られるのでしょうか。ここでは、ひげ脱毛によるメリットについて詳しく説明します。

悩みやコンプレックスが解消される

ひげに関して悩みをもっていても、ひげ脱毛をすれば悩みをすっきり解消できます。たとえば、毎日ひげを剃るのが面倒だと思っているなら、ひげ脱毛によりひげ剃りの手間を削減できます。ひげ剃りが必要なくなるので、カミソリ負けによる出血に悩む必要もなくなります。さらに、ひげ脱毛では、青ひげの原因となる皮膚の下の毛もなくすことが可能です。

顔はいつでも露出している部分なので、ひげに関するコンプレックスがあると常に悩みを抱えている状態です。しかし、ひげ脱毛をしてひげの悩みを解消すれば、その分、すっきりとした気分を手に入れられます。人目を気にすることもなくなり、自信や積極性が出てきます。

処理にかけていた手間がなくなる

ひげ脱毛が最後まできちんと完了すれば、ひげ剃りをする必要はなくなります。ひげ剃りには何かと手間がかかりますが、そのすべてがなくなるのです。

ひげ脱毛を開始すると、回数を重ねるたびに毛量が少なくなっていきます。そのため、ひげ脱毛の途中でも、自己処理の手間は少しずつ減っていきます。ひげ剃りにかける時間がなくなれば、その時間を他の支度のために有効活用することも可能です。

実際に、毎日のひげ剃りが面倒で脱毛を決意する人も多く、ひげ剃りに対して手間がかからなくなるのは、男性にとって大きなメリットです。

長期的に見て節約になる

ひげ脱毛にはお金がかかるというイメージがあり、なかなか実行に移せない人もいます。しかし、長期的な目線で考えると、早いうちにひげ脱毛をしたほうが節約になります。

毎日のひげ剃りに必要なカミソリやシェービングフォームの単価は、ひげ脱毛に比べて安いです。それでも一生ひげを剃り続けるとなれば、積み重なって大きなコストとなります。電気シェーバーなら長期間同じものを使用できますが、定期的な買い替えが必要です。

ひげ脱毛は一時的にまとまった費用がかかるものの、脱毛後はほとんどひげ剃りをしなくていいので、トータルで考えれば得になります。

ひげ脱毛をするデメリット

ひげ脱毛にはさまざまなメリットがありますが、デメリットとよべる部分がないわけではありません。ひげ脱毛を受ける際は、デメリットもきちんと確認しておくと安心です。ここでは、ひげ脱毛をする場合のデメリットについて説明します。

日焼けができない

ひげ脱毛の施術を受けている期間中は、日焼けができません。日焼けすると、脱毛機が毛だけでなく肌にも反応する恐れがあるからです。場合によっては、肌へのダメージややけどの原因になる可能性もあります。

これは、ひげ脱毛に限らず脱毛全般にいえることです。ひげ脱毛の対象となる部位は服で隠せないため、日焼けを防止するためのケアを徹底する必要があります。

基本的に、こまめに日焼け止めクリームを塗り、日焼けをしっかりと防ぎましょう。しかし、男性の中には日焼け止めクリームを塗る習慣がない人も多いため、少し手間に感じるかもしれません。なお、ニードル脱毛なら、肌が日焼けしていてもひげ脱毛が可能です。

しばらくひげが生えなくなる

「脱毛」なので当たり前ですが、ひげ脱毛をすればひげは生えなくなります。もちろん、ひげをなくしたいという思いから脱毛するので、基本的には問題ないでしょう。

とはいえ、脱毛が完了した後で、ひげを生やしたくなるときがくるかもしれません。特に、ひげが生えていても問題のない職業についている場合、イメージを変えたりファッションとして楽しんだりするためにひげを伸ばしている人もいるので、気分が変わる場合があるかもしれません。ひげ脱毛をする際は、しばらくの間はひげを生やせなくなることをきちんと理解しておきましょう。

ひげ脱毛のよくある質問

ひげ脱毛に興味がある人は、さまざまな疑問を抱えている場合も多いです。疑問があるなら、ひげ脱毛を始める前にきちんと納得しておくことをおすすめします。ここでは、ひげ脱毛に関するよくある質問をQ&A形式で解説します。

Q.ひげ脱毛をしても濃い人は効果がない?

A.ひげが濃い人でも、回数を重ねればしっかり脱毛できます。

ひげの毛が太かったり本数が多かったりする場合、ひげが少ない人に比べて施術の回数が多くなる傾向があります。毛根が深い場合も同様です。

ひげ脱毛が完了するまでに必要な施術の回数は、最終的にどのような状態を目指しているかによっても異なります。たとえば、自己処理を楽にする程度を目指しているなら、少ない回数でも希望通りの状態にすることが可能です。一方、完全にツルツルな状態にしたいなら、時間をかけて何度も施術しなければなりません。

効率的に脱毛を完了させたいなら、基本的には光脱毛をおこない、残った数本の毛だけニードル脱毛で処理すると良いでしょう。ただし、サロンによってはニードル脱毛ができないところもあります。

Q.ひげ脱毛当日までに注意すべきポイントは?

A.ひげを抜かないようにしてください。

光脱毛は、黒い色素に反応して光を照射することにより脱毛する仕組みです。ひげを抜くと黒い色素がなくなるため、その毛穴に対して脱毛の施術ができなくなります。毛が新しく生えるまでには時間がかかるので、一度ひげを抜くとその分、脱毛が完了するまでにかかる期間も長引いてしまいます。

ひげを抜いてはいけない時期の目安は、脱毛をする1カ月前頃からです。よって、ひげ脱毛をしようと決心したら、その時点でひげを抜くのは控えましょう。ひげ脱毛が完了するまでの自己処理でも、ひげを抜くのは避ける必要があります。電気シェーバーなどを使い、肌への負担を最小限に抑えてください。

脱毛後に何か制限はあるの?

A.日焼けをしないように対策をしてください。

ひげ脱毛の施術を開始したら、肌が日焼けしないように気をつけなければなりません。光脱毛は黒い色素に反応し、機械が自動的に光を照射します。そのため、肌が日焼けして黒くなっていると、肌の黒い色素(メラミン色素)に反応して光が照射される恐れがあります。やけどする可能性もあるので、十分な注意が必要です。

脱毛の期間中は、日焼け止めクリームなどを使って日焼けを防ぎましょう。肌の日焼けを防いで日焼け対策も楽にするには、夏がくる前に脱毛を完了させるのがポイントです。よって、冬から脱毛をスタートするのがおすすめです。ちなみに、ニードル脱毛は光脱毛とは異なる仕組みなので、日焼けをしても施術が可能です。

Q.ニキビができていても脱毛はできる?

A.ニキビの状態によっては、脱毛できます。

ニキビが治りかけているなら、通常通り脱毛の施術を受けられます。跡が残っていてもニキビ跡の色素沈着は薄いため、光脱毛の機械が反応して照射されることはありません。

ただし、炎症が起きて化膿している場合、その部分に関しては施術ができません。その部分は避けて照射する必要があり、一部分だけ脱毛の進み具合が遅くなる可能性があります。ニキビができていたり、治りかけで不安があったりする場合は、事前のカウンセリングできちんと相談しましょう。相談があれば、スタッフが丁寧に状態をチェックして判断を下します。

なお、ひげ脱毛をするとニキビができにくくなります。なぜなら、ヒゲや産毛にニキビの原因となる雑菌がたまりにくくなり、毛穴も引き締まるからです。また、ひげ剃りによる刺激もなくなるため、肌トラブル全般が起きにくくなります。

Q.将来ひげを生やしたくなったら?

A.光脱毛がおすすめです。

クリニックのレーザー脱毛やニードル脱毛は毛が生やす機能そのものを破壊するため、基本的には脱毛後は一切毛が生えてこなくなります。これらは、「永久脱毛」とよばれる脱毛方法です。

一方、光脱毛は毛を生やす機能を破壊するわけではないので、脱毛が完了した後もまったくひげが生えないわけではありません。光脱毛は毛を生えにくくするものであり、施術が完了してから時間が経つと毛が再び生えてくる可能性があります。

とはいえ、光脱毛を選んだとしても、生やしたいと思ったときにすぐに毛が生えてくるわけではありません。そのため、ひげ脱毛をおこなう場合は、本当に毛が生えてこなくなっても後悔しないかよく考えてから施術を受けてください。

将来的にひげを生やしたくなる可能性が少しでもあるなら、まずは自己処理を楽にする程度で脱毛を試してみてはいかがでしょうか。当初は毛がないツルツルの状態を目指していた人でも、途中で満足して脱毛を終える人もいます。ひげ脱毛は少しずつ様子をみながらおこない、自分にとってベストな状態を目指しましょう。

Q.家庭用脱毛器は効果がない?

A.一時的に毛をなくす程度の効果があります。

家庭用脱毛器の仕組みは、基本的には光脱毛と同じです。ただし、照射できる光のレベルを比べると、サロンの光脱毛よりも家庭用脱毛器のほうが弱いです。なぜなら、家庭用脱毛器は素人が扱っても危険性が少ない状態にする必要があるからです。

また、サロンでは適切なサイクルでの施術が可能ですが、家庭用脱毛器で自己処理するとなると自分で適切なサイクルを判断するのは難しいです。こういった理由により、家庭用脱毛器だけでイメージ通りの脱毛ができたという人は少ないのが実情です。

ただし、自己処理の方法として考えた場合、家庭用脱毛器はカミソリや毛抜きによる処理に比べて肌へのダメージが少ないです。また、正しく照射できていれば、カミソリや毛抜きよりも一時的な自己処理の効果は高いといえます。家庭用脱毛器は脱毛の手段というよりも、自己処理の方法のひとつと考えるといいでしょう。

…メンズ脱毛サロンのよくある質問はこちら

アロンソのひげ脱毛でお手入れ不要の毎日へ

ひげに関する悩みがある場合、ひげ脱毛をすれば悩みを解消できる可能性が高いです。ひげ剃りの手間をなくしたり、ひげによって生じる問題を解消したりしたいなら、ひげ脱毛をぜひ検討してください。

全体脱毛だけでなくデザイン脱毛もあるので、希望に合わせて選べます。ただし、ひげ脱毛には気をつけるべき部分もあるので、注意点をよく理解したうえで施術を受けましょう。

アロンソは「無駄になる脱毛はしない!」ことをモットーにしているメンズ専用脱毛サロンです。光脱毛とニードル脱毛の両方に対応しており、極力痛みを抑えてスピーディーに脱毛を完了できます。経験も知識も豊富な技能士のみが施術するので安心です。

ひげについての悩みを早く解消し、手入れが必要ない快適な毎日を実現しましょう。

VIO脱毛・ニードル脱毛なら東京恵比寿のメンズ脱毛サロンAlonso(アロンソ)

カテゴリー