ヒゲ・ムダ毛の悩みはメンズ脱毛で解決

男性にとって、毎日のヒゲ剃りは意外と負担になるものです。また、体のムダ毛をコンプレックスに感じたり、ストレスを抱えたりしていないでしょうか。近年はそのように感じる男性も非常に多く、悩みを解消するために脱毛サロンを利用する人も増えています。

しかし、まだ脱毛を受けたことがなければ、わからないことだらけかもしれません。そこで、はじめて脱毛しようとする人に向けて、脱毛で解消できることや人気の部位、いいサロンの見分け方などの情報を詳しく紹介します。

こんなお悩みがある方はメンズ脱毛がおすすめ!

従来は、ムダ毛で悩むのは女性だけだと考えるのが普通だったかもしれません。しかし、男性もムダ毛を脱毛するのが珍しくなくなってきました。ヒゲやムダ毛に関して以下にピックアップする悩みが当てはまる人は、メンズ脱毛にチャレンジしてみるのがおすすめです。

・ヒゲ剃りを毎日するのが面倒
・目立つ青ヒゲが恥ずかしくてイヤ
・肌が弱くてカミソリ負けする
・濃い体毛がコンプレックス
・気になるすね毛のせいで短パンを履けない
・濃い胸毛が目だって海やプールに行くのをためらう
・不要な毛だけをなくしたい(頬から生えているヒゲなど)
・お腹の毛をなくしたい
・腕の毛を気にせず半袖やタンクトップが着たい
・指の毛が濃くて人の目線が気になる

このような悩みがあるのは決してあなただけではありません。あえて口に出さなくても、実は意外と同じような悩みを抱えている人は多いのです。ここで挙げたヒゲやムダ毛に関する悩みはメンズ脱毛で解決することができるため、すでに脱毛して悩みを解決した人もたくさんいます。

脱毛したい部位別ランキング【ベスト5

脱毛したい部位ベスト5

脱毛できる部位は体全体に及びます。気になる部位は人によって違うため、どの部位を脱毛するかは人それぞれです。ただ、同じような悩みを抱えている人が多いこともあります。そこでまずは、男性に人気の脱毛部位や、これから脱毛することを検討している部位について、ランキング形式で15位まで詳しく紹介します。

1位.ヒゲ(顔)

メンズ脱毛といえばまずヒゲ脱毛を思い浮かべる人が多いくらい、男性が脱毛する部位としてヒゲ(顔)は人気です。ほかの部位とは違って、顔は衣服で隠すことができません。また、顔は見た目の印象を左右する大事な場所だということもあり、ヒゲの有無や状態などが第一印象にも大きな影響を与えます。

職業柄、ヒゲを剃らずにいても大丈夫なケースはあるものの、ヒゲを剃ることはマナーだというのが一般的です。しかし、毎朝ヒゲ剃りをするのが面倒なうえに、朝きれいに剃ったヒゲが夕方には伸びてきて気になる人もいるでしょう。肌が弱い人はカミソリ負けしやすく、ヒゲ剃りに関する悩みは尽きません。

ヒゲ脱毛をすれば毎日ヒゲ剃りする手間や時間を減らせるなど、煩わしさから解放されるため、希望する人が多くいます。ヒゲ脱毛では、あごヒゲだけを残して鼻の下だけを脱毛したい、頬に生えるヒゲだけを脱毛したいなど、個々の要望に応えた施術も可能です。…ヒゲ脱毛の詳細はこちら

2位.VIO(アンダーヘア)

VIOの「V」はビキニラインで、「I」は男性器を含むビキニラインから奥の部位、「O」は肛門まわりを指します。VIOは見えない部位だということや、脱毛時の恥ずかしさから、なかなか脱毛に踏み切れない人も多いかもしれません。

しかし、VIO(アンダーヘア)は2位に入るほどニーズが高い脱毛部位です。女性の間では、すでにVIOの脱毛は珍しくありません。また、海外では男性でもマナーとしてアンダーヘアの手入れをすることが根付いています。それらの意識が日本人男性の間でも広まっていることを受け、近年はメンズ脱毛でもVIOの人気が高まっています。

VIOはムダ毛の11本が太いうえ、毛量も多い部位です。そのため、夏場はムレやすく、臭いの原因になります。排泄物がムダ毛に触れる機会が多くなれば、衛生面でも問題です。VIO脱毛に関しては、今現在の煩わしさの解消や快適性を望んで行う人がいるのはもちろん、将来介護を受ける状況を見据えた「介護脱毛」の一環で希望する人もいます。

実際の施術はすべて男性スタッフが行うところも多く、VIO施術専用の使い捨て紙パンツなどを履き、施術部位以外が見えないような配慮もしてもらえます。…VIO脱毛の詳細はこちら

3位.足全体

長ズボンを履いていれば、普段の生活で足のムダ毛は隠れています。しかし、プライベートで短パンやハーフパンツを履く機会があれば、足のムダ毛が気になるという人もいるのではないでしょうか。

スネや太ももは、腕などに比べてもともと太くて濃い毛が生えやすい部位です。昔は太くて濃い毛は男らしさの象徴と考えられ、それほど気にする人は多くありませんでした。しかし、近年では毛量の多いスネや太ももに対して不快な印象を持つ人もいます。

ファッションのトレンドとして丈の短いショートパンツやハーフパンツが流行することもあり、足全体のムダ毛を手入れする人も増えています。足のムダ毛を脱毛すると、長ズボン内側の不快感も減るメリットがあります。また、毛がないほうがケガをしたとき患部の処置をしやすく、清潔に保つことができるのもメリットです。

スネや太ももを含む足全体は範囲が広いため、1回の施術時間は長くなります。ただし、日常生活で刺激を受けやすい部位だということもあり、施術時の痛みとしては少なめです。…足脱毛の詳細はこちら

4位.腕

顔の次に目につきやすい部位が手の甲や指です。手袋などをしない限り、ほとんど顔と同じように日常生活で隠すことがありません。また、スネや太ももは長ズボンを履いていれば露出することがありませんが、腕のなかでも肘から下は暑い時期に半袖を着ると人の目にさらされます。

仕事によっては夏でも長袖で通すことができるかもしれませんが、制服が半袖になるなど、否応なく腕を出さなければならないこともあります。特に人と接する機会が多い仕事に従事する人は、人の目が気になることも多いでしょう。そのため、腕は特に接客業や飲食業の人に人気がある施術部位です。

手の甲や指は結婚指輪をはめて美しく見えるようにという理由や、きれいな写真を撮る目的で脱毛する人もいます。腕や手は自分でもカミソリなどを使って手入れをしやすい部位です。しかし、本格的な脱毛をしない限り、またすぐに生えてきてチクチクします。そのため、自己処理できれいな状態に保つことが難しい部位のひとつです。

腕は全体を脱毛できるのはもちろん、肘下だけを集中して脱毛したり手の甲と指も一緒に行ったりすることも可能です。部位別に細かくコースが設定されていることが多く、希望に合うコースを選んで脱毛してもらえます。施術後の一定期間は日焼けを避ける必要があるため、半袖を着る時期までに計画を立てて脱毛を完了させておくといいでしょう。…腕脱毛の詳細はこちら

5位.胸

胸毛はかつて男らしさの象徴といわれていた時代もありました。また、胸毛に対しては、いい意味でのワイルドなイメージを重ねることもあったのではないでしょうか。しかし、今の女性は、ほぼ胸毛の濃い男性にいいイメージを持つことがありません。むしろ不快感を持つことのほうが多くなっています。

胸毛が生えている人の場合、胸元が広く開いたおしゃれな洋服を着るとき、服の合間から見えてしまうことがあります。また、海やプールに出かけて水着になれば、当然胸毛の生えている肌を出すことになるでしょう。

以上のような理由から、胸毛を見せるのが恥ずかしいと感じる男性には人気のある部位です。若いときはそれほど気にならない程度だった人でも、年齢とともに目立つ太い毛に毛質が変化することもあります。そのため、中年以降の男性にも胸毛を脱毛したいという人が増えています。

胸毛は毛の生える範囲や密度が人によって異なり、一度の施術にかかる時間や脱毛が完了するまでの期間にも個人差が出やすい部位です。また、腕と同様に施術後は日焼けをしないように気をつけなければなりません。海やプールに出かける予定があるならば、夏になる前に脱毛が完了するように予定を組みましょう。…胸脱毛の詳細はこちら

痛みのない快適な脱毛はあるの?

脱毛したことがない人にとって、不安に感じるのが「痛み」ではないでしょうか。実際に脱毛の経験がある人の話を聞いたたり、体験談や口コミを見たりすることで、脱毛は痛いというイメージを持ってしまう人が多いかもしれません。

確かに脱毛方法によっては痛みを感じることもあり、痛みが皆無ということではありません。特に昔から行われているニードル脱毛(美容電気脱毛)については、毛が作られるもととなる毛乳頭を破壊するために電気針を毛穴に差し込みます。そのため、ある程度の痛みはありますが、効果は高い方法です。

集中的に医療レーザーを照射するレーザー脱毛も、痛みが全くないとはいえません。ただし、脱毛時の刺激は「輪ゴムでパチンとはじいた程度」だと表現されるように、多くは強い痛みを感じず、我慢できる程度です。また、光脱毛のほうがレーザー脱毛に比べて痛みの度合いは少ないといわれています。

同じ脱毛方法でも痛みの感じ方に個人差があるほか、施術部位によっても痛み具合が異なります。施術の際は一人ひとりの肌に合わせて脱毛マシンの出力レベルを調整することで、ある程度の痛みを軽減することは可能です。ただし、痛みの少ないマシンを使い、出力レベルを調整したとしても、実際のところは施術者の技量によります。

サロンによっては施術前にしっかりカウンセリングを行い、実際に脱毛を体験してみるパッチテストを実施しているところもあります。痛みがどのくらいか心配という人は、カウンセリング時に相談してテストを受けてみるといいでしょう。

リピーター続々の脱毛サロンとは?

メンズ脱毛を行っているサロンは国内各地に増え続けていますが、そのなかでもリピーターが数多く通うサロンは、ほかのサロンとどこが違うのでしょうか。新規顧客が多いだけではなく、リピーターが多いということは、実際にそのサロンで施術を受けた人の満足度が高いことを表しています。

低料金が売りという場合、料金の安さは確かに最初に足を向けるきっかけにはなるでしょう。そのため、新規顧客が増える可能性は高いです。しかし、サロンに通う人はそもそも脱毛したいと考えていますから、いくら料金が安くても効果が感じられなければ結果的にリピートしてもらえません。

逆に、サロンの対応や技術、脱毛の効果にお客様が満足すればその先も期待し、自ずとリピーターは増えます。ただし、効果があったとしても料金が高すぎれば継続して通い続けることが難しく、リピーターにはなってもらえません。つまり、リピーターが集まるサロンは通い続けられる料金設定で、なおかつきちんと効果があることがポイントのひとつです。

それに加えて、スタッフの対応やカウンセリングがていねい、雰囲気が自分に合っているなど、さまざまな要因を満たすサロンにリピーターが集まります。また、「ヒゲ脱毛ならおまかせ」「VIOの実績が多い」など、強みを持つサロンも要望にマッチすればリピーターが増える要因になるでしょう。さらに、技術にこだわりを持ったサロンならば、安心して脱毛を任せることができます。

施術のイメージ

毛周期のサイクル

毛は生えたり、抜けたりという毛周期と呼ばれるサイクルで常に生まれ変わっています。毛は成長期に伸びて成長したあと、退行期に入ると成長が止まって抜け、休止期を経て再び成長期に戻ります。レーザー脱毛や光脱毛は、この毛周期に合わせて「成長期」の毛だけにレーザーや光を当てて脱毛する仕組みです。

1回目の脱毛時はそのとき成長期の毛だけを施術し、休止期だった毛は成長期に入ったところで2回目に脱毛します。この繰り返しでサイクルが一巡し、すべての毛が脱毛できたところで完了です。施術イメージの基本をおさえたところで、具体的な施術の流れを確認しましょう。

脱毛当日の流れ

サロンによって若干流れは異なるものの、大まかにはどこのサロンも同じような対応です。初回にはまずカウンセリングを行い、脱毛の仕組みや注意点、プランや料金設定などを説明します。脱毛がどのような感じなのか、テスト照射を体験できるところもあり、不安なことがあればここで解消しましょう。

問題なければ当日脱毛を開始することが可能です。まず、適切なマシンレベルを選ぶために、毛質や肌の状態を確認します。施術箇所を消毒し、保護ジェルを塗布していよいよ施術開始です。目を保護するためのゴーグルをつけてレーザーなどを照射します。

施術後は脱毛した部分を冷やしてクールダウンし、美容液でしっかり保湿も行います。アフターカウンセリングで施術の感想を話せる時間を設けているところも多く、疑問や不安に思ったことがあればここで解消しておきましょう。

最後にスタッフから次回はいつ行うのがよいのか提案があり、予約を取って終了です。毛周期から判断してベストの時期を提案してくれるため、自身の予定を考慮しながらあまり日付がズレないように予約を取ることが大切です。

次の脱毛までの目安

毛周期は個人差もあり、脱毛に通うサイクルは誰でも同じとはなりません。そのため、スタッフが一人ひとりの状態を見極めて次回の脱毛に適切な時期を決めてくれます。毛が伸びるスピードが早いヒゲでは24週間後、比較的スピードが緩やかなボディやVIOでは23カ月程度が目安です。

ヒゲとボディやVIOの脱毛を同じ日に組み合わせて施術することもできます。ただし、毛の伸びる速度が部位によって異なるため、次回は2週間後にヒゲだけ施術し、腕と膝下は1カ月後などの流れになります。個々の状況に合わせてスケジュールを提案してくれるため、スタッフの指示にしたがって予約を入れていきましょう。

メンズ脱毛のメリット・デメリット

ここまでの説明で脱毛時の痛みや脱毛当日の流れがある程度把握でき、メンズ脱毛に対するイメージも明確になってきたなのではないでしょうか。ここで今一度、メンズ脱毛のメリットとデメリットについて確認し、脱毛をはじめる前に不安を解消していきましょう。

メリット

脱毛することの大きなメリットは、それまで抱えていた悩みやコンプレックスを解消できることです。脱毛することで他人の視線も気にする必要がなくなります。むしろ、濃い体毛をなくすことで清潔感もアップし、見た目にも好印象を持ってもらえる可能性が高まります。

もちろん、物理的にカミソリ負けしてトラブルを起こすリスクを減らすことにもつながります。また、濃い毛を減らすことでムレや嫌な臭いが発生するのも防ぎ、不快感も解消されます。

デメリット

先述のとおり、脱毛は多少の痛みをともないます。痛いのは苦手という人や、痛みを我慢するのがストレスになる場合は辛いかもしれません。ただ、施術時に痛みを軽減する配慮はしてもらえます。

施術前後の準備やケアが必要な点や、日焼けを避ける必要があるなど、肌の状態に気を配らなければならない点もデメリットのひとつです。しかし、これをいい機会と捉えることで、デメリットもメリットに変えることができます。せっかく脱毛してきれいな状態になっていくため、少しスキンケアにも気を使い、いい状態の肌を保つようにするのもいいでしょう。

メンズ脱毛サロンの選び方

脱毛は一度だけ施術を行って終わりではありません。毛周期に合わせて脱毛が完了するまで定期的に通うことになります。そのため、前述の「リピーター続々の脱毛サロンとは?」に当てはまるような、最後まで信頼して通えるサロンを選ぶことがポイントです。

それに加え、自分の好みや希望に合うサロンに的を絞っていく必要があります。たとえば、対応してくれるスタッフは男性だけなのか、男女どちらも在籍している場合は選べるのか、などです。また、ほかのお客さんと顔を合わせずに済むサロンがいい人にとっては、プライバシーが守られているかどうかも大切なポイントになります。

料金に関しては「相場を知りたい」と考える人も多いはずです。しかし、コースの種類や使用するマシンによって金額には違いがあるため、単なる料金だけの比較はあまり参考にはなりません。一度に大きな出費が難しいならば、脱毛完了まで継続して支払いながら施術を受けられるサロンを選ぶのもひとつの選択肢です。

以上のポイントに注目しながら、まずよさそうなサロンをいくつかピックアップすることが大切です。料金体系が明確になっていれば、参考程度に料金も比較してみながら自分にピッタリのサロンを選ぶようにするといいでしょう。

理由があるから選ばれる脱毛サロン

男性のムダ毛に対する考え方も変化し、近年では男性が脱毛するのも珍しくなくなりました。日々の手入れが楽になったり、清潔感を保ったりなど、脱毛することで得られるメリットも多くあります。実際の施術ではまったく痛みがないというのは難しいですが、できるだけ痛みに配慮した施術をしてくれるサロンも多くあります。

メンズ脱毛専門店のアロンソは、特にヒゲ脱毛とVIO脱毛には定評があり、高い実績を誇っています。男性・女性どちらのスタッフも在籍し、熟練スタッフが多いのも特徴です。使用する脱毛マシンを厳選しているのはもちろん、技術にもこだわり、極力痛みを抑えながら完成度の高い仕上がりになるよう努めています。

サロンの場所は仕事帰りにも通いやすい恵比寿駅から徒歩約5分の場所です。カウンセリングから施術まで完全個室になっているため、安心して施術を受けることもできます。

VIO脱毛・ニードル脱毛なら東京恵比寿のメンズ脱毛サロンAlonso(アロンソ)

カテゴリー