毛をなるべく薄くしたい…男性の体毛を薄くする方法とは?Knowledge

男性は思春期を迎えるころに体毛が生えるものです。ある程度の体毛であれば問題ありませんが、中には体毛が濃いタイプも少なくありません。そして、そういった体毛は不潔なイメージを与えてしまうので、体毛を嫌がる女性は多いのです。湿気がこもって体臭の原因になることも少なくありません。そのため、体毛を薄くしたいと考える男性は多いものですが、どうしたら良いのでしょうか。こちらでは体毛を薄くするための情報を集めました。これを参考にして体毛を薄くしましょう。

体毛にはどういった役割があるのか

人間の身体にはさまざまな部位がありますが、それぞれが役割を持っているものです。そのため、体毛にも役割があります。頭髪は外からの衝撃から脳を守るためにあり、そのほかにも紫外線の刺激を防ぐことも出来るのです。眉毛やまつ毛はゴミや砂から目を守る役割があり、鼻毛があることで大気中のホコリを防ぐことが出来ます。そのため、これらの体毛は人間が生きるために欠かせないでしょう。
しかし、体毛はこれらだけではありません。腕、脇、足、背中などさまざまな部位から体毛が生えますが、これらにはどういった役割があるのでしょうか。これらの体毛は保温や断熱の効果を持っており、これによって寒さから身を守ることが出来ます。そのほかに、紫外線など外的刺激から皮膚を守る効果もあるでしょう。
そのため、こういった体毛も人間の生活に必要な役割を持っていますが、本当に現代人にとって必要なのでしょうか。現代にはエアコンがありますので、体毛によって温度調整をする必要はありません。さらに、現代人は生活の大半を着衣で過ごしますので、体毛で肌を守る必要も無いでしょう。そのため、かつての人間に必要だった体毛も、現代人にとってはムダ毛と言って良いのです。

生活習慣は体毛に影響を与えている

現代人にとって多くの体毛は意味がありません。体毛は逆に不潔なイメージを与えてしまうので、体毛を薄くしたいと考える男性は多いことでしょう。体毛の濃さは生活習慣が影響を与えていますので、生活習慣を整えることで体毛を薄くすることは十分に可能です。
男性ホルモンが増加すると体毛が濃くなってしまうので、男性ホルモンを減らして女性ホルモンを増やす必要があります。そのため、大豆製品、魚類、肉類、ナッツ類、緑黄色野菜など、女性ホルモンを豊富に含んだ食材を食べるようにしましょう。特に大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしますので、積極的に摂るようにしてください。
そして、睡眠によってホルモンバランスも変化します。深い眠りであるノンレム睡眠時に女性ホルモンが分泌されるので、深い眠りが出来るようにしましょう。人間はノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しているので、十分な睡眠時間を確保することが大切です。
また、現代はストレス社会となっており、多くの方がストレスをかかえているものです。しかし、ストレスはホルモンバランスを崩す原因となりますので、ストレスを溜めない生活を心がけましょう。

まとめ

人間には体毛が生えているものですが、これらには役割があります。頭髪は頭を守る役割があり、眉毛やまつ毛、鼻毛は大気中のホコリやゴミから身を守ることが出来るのです。そして、腕や足などにも体毛が生えますが、これは保温や断熱の役割があります。しかし、エアコンのある現代人にとってムダ毛と言えるでしょう。不潔なイメージもありますので体毛を薄くしたいと考える男性は多いものですが、それには女性ホルモンが必要です。大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをするので、積極的に摂取しましょう。そして、質の高い睡眠やストレスを溜めないことでホルモンバランスが整い、女性ホルモンが分泌されます。

初めての方限定

施術例

用語集

採用情報