メンズ脱毛の方法において、主流としてはレーザー脱毛と光脱毛ですが、針脱毛を行っているところもあります。

脱毛効果を求めるならレーザー脱毛か光脱毛かニードル脱毛

メンズ脱毛の方法のレーザー脱毛と光脱毛、針脱毛のそれぞれの効果やメリットを比較してみましょう。

・レーザー脱毛
高い出力のレーザーを照射し、毛幹部にダメージを与えて毛の成長をストップさせる方法です。医療機器なので医療機関でしかできません。効果が高く、光脱毛や針脱毛と比較すると脱毛回数も少なくてすみますが、痛みが強いのがデメリットです。しかし、痛みに関しては麻酔などを使用できるので痛みを回避することも可能です。

・光脱毛
脱毛の仕組みはレーザー脱毛と同じですが、光の出力が低いため、レーザー脱毛と比べると効果が出にくいと言われています。ただし、痛みが少なく、ストレスがないのがメリットです。肌への負担も軽いです。

・ニードル(針)脱毛
ニードル脱毛や電気脱毛とも呼ばれ、毛根に細い針を刺し、弱い電流を流して処理をする方法です。毛根一つひとつに処理をしていくため、脱毛効果は高く、永久脱毛が可能です。ただし、痛みを伴うのがデメリットです。また針脱毛は技術者のスキルが効果にも影響するため、信頼できるところで行うことをおすすめします。

ニードル脱毛はどんな効果・仕組みか?

ニードル脱毛とは、その名の通り、針を使った脱毛法となっています。美容に興味がある人や、脱毛に余念がない彼女がいる人などはもしかすると聞いたことがあるかもしれません。いくつか存在する脱毛法の中でも、代表的な位置づけとなっています。正確には美容電気脱毛という名称ですが、ニードル脱毛、もしくは針脱毛の方が馴染みが深いことでしょう。

仕組みを簡単に説明すると、専用の針を毛穴に挿入し、そこに電気を流して毛を抜くといった流れです。電流を受けたムダ毛は、毛根からはがされます。これにより、スムーズに除去することが可能となるのです。

効果の特徴としては、確実性の高い脱毛が期待できる点でしょう。一本一本に手作業で作用させていくため、腕の良い担当者が施術するとなれば、とても効果的です。ただニードル脱毛には2つの種類があり、そのどちらかを選ぶかで有効性が違ってくるという特徴も伴います。

主には、医療機関で受けられる絶縁針脱毛と、エステサロンで施術してもらえる美容電気脱毛のそれぞれです。前者は皮膚に触れる箇所に絶縁体が施してあるため、より強いパワーで電流を流せます。ですが一方で美容電気脱毛は、絶縁体の使用が不可であるため、ある程度おだやかな効き目です。費用やスピード感、効き目に着目しながら検討してください。…ニードル脱毛(針脱毛)についての詳細はこちら

ニードル脱毛はどこの部位におすすめ?

ニードル脱毛の特徴を考えたとき、どのような箇所におすすめかが見いだせます。それは、範囲の狭い部位であり、なおかつしっかりとしたムダ毛が生えているところです。ひげや脇などが、代表的でしょう。

理由は、毛根ひとつひとつに手作業で施術するためです。薬品や光を使った広範囲向けとは異なるため、範囲が狭いところほど有効に感じられます。またもう一点、毛根に直接作用させるため、強力さが期待できる点も特徴的です。絶縁体を使わない美容電気脱毛でもなお、広範囲向けのやり方と比べるとやはり効果的なのです。

ニードル脱毛なら毛根へ直接電気を流す手法であるため、しつこいひげにも強力な効果を発揮します。いわばムダ毛の急所のような箇所を狙い撃つわけですから、毛の太さにかかわらず効き目が期待できるでしょう。剛毛のひげや、はみ出るほどの濃い腋毛もきれいにできるかもしれません。

ニードル脱毛って痛いって聞くけど実際どうなの?

ニードル脱毛は、針を毛穴に挿入しておこなう脱毛です(針を皮膚に刺して行うことはしません)それだけに、痛いという評判が少なくありません。確かに、無痛を謳ったようなやり方よりは少し痛みを伴うかもしれません。

ですが、美容電気脱毛はある程度安心感があります。絶縁体を使用できない分、電流が弱めに設定してあるためです。また針を刺すといっても、皮膚を突き破るのではなく、すでに穴が開いている毛穴に挿入するだけなので、そこまでの刺激でもありません。初めてでも、わりと安心して受けられることでしょう。

ニードル脱毛は、針を使った脱毛施術です。専用の針を毛根に差し込んで、電流を流すことでダイレクトな効果に繋げます。毛穴ひとつひとつにもちいるため、決してスムーズではないかもしれません。ですが、一本ずつ確実に処理できるというメリットが伴います。前述の通り、強靭なひげや腋毛に対しても、強力な効果が期待できるでしょう。

光脱毛(IPL)でも効果はある

エステサロンで主流として行われている光脱毛ですが、レーザー脱毛と比べると効果が出ない、と言われることがあります。確かに照射する際の光の出力は低く、回数がかかるので、その分効果を感じるのに時間がかかるため、効果が出にくいと感じることが多いようです。

レーザー脱毛と比較すると出力の弱い光脱毛は、特に男性の毛のような太く硬い毛には効果が出にくいということもありました。しかし、現在では男性のヒゲ脱毛に効果的な光脱毛機器が開発され、さまざまな脱毛サロンや医療機関が導入しています。光脱毛だから効果がない、とは言えません。

光脱毛はレーザー脱毛や針脱毛を比べると効果は弱いと言えるかもしれませんが、痛みが少なく、費用も低料金の場合が多いです。また、美肌効果も期待できるというメリットもあります。男性でも肌が弱い人も多いものです。できるだけ肌に負担のない脱毛をした場合は、光脱毛が向いているでしょう。…光脱毛(IPL)の詳細はこちら

メンズ脱毛の効果を出すには期間と回数が必要

メンズ脱毛をする際に知っておきたいのは、脱毛は1~2回程度で終わるものではないということです。光線を照射して行う光脱毛やレーザー脱毛の効果が出るのは、皮膚の表面に出ている成長期の毛のみです。成長期の毛は細胞が活性化している状態。僅かには毛が生えていても細胞が活動していない 退行期、毛が生えていない休止期があります。これを毛周期と言いますが、施術ができない退行期や休止期の毛は、成長期になるのを待ってから施術をするのです。そのため、期間と回数がかかるのです。

脱毛は毛周期に合わせて行うので、脱毛方法や脱毛部位、どのくらいの効果を求めるのか、によって異なりますが、2~3ヵ月に1回のペースで、レーザー脱毛なら5~10回程度、光脱毛なら10~20回程度、針脱毛なら15~25回程度、通うことになります。

脱毛の効果はどれくらい続く?

光脱毛もレーザー脱毛も、毛根にダメージを与えて毛の成長をストップさせる方法です。皮膚全体に光線を照射するものですが100%照射できるというものではありません。照射もれなどがあったり、毛根へのダメージが少なかったりすると、毛の成長を止めることができず毛が生えてしまいます。

しっかり照射された毛は、施術後1~2週後に抜け落ちていきます。抜け落ちてくれば効果はあったと考えていいでしょう。照射もれなどは、使用している脱毛機器やスタッフの技術にもよります。失敗しない脱毛をするには、信頼できるところに通うことも必要です。

また、脱毛を成功させるには、サロンや医療機関の雰囲気、スタッフの対応なども大切です。しっかりコミュニケーションが取れるところの方が、悩みや脱毛方法なども相談しやすいものです。また、いくら効果が高いからと痛みを我慢して行うのはストレスになるものです。脱毛効果を出すには、きちんと通わなければなりません。途中で挫折してしまうと、効果が期待できないこともあります。ストレスなく、きちんと通うには、自分に合った場所を選ぶことが重要です。

そのためには、どの部位をどの程度脱毛したいのか、ということから、痛みがない方がいい、スピーディに脱毛したい、デザイン重視で脱毛したい、 さまざまな要望に対応できるところがいい、など希望を整理してみましょう。脱毛をするサロンや医療機関は数多くあります。その中から効果を出して自分に合った脱毛をしたいなら、どのような脱毛をしたいのかを把握し、それに対応できるところを見つけるようにしましょう。
また施術時間は何時まで可能か、駅から近いか、自分にとって通いやすい場所にあるか、などライフスタイルに合ったところを選ぶことも大切です。

ニードル脱毛ならアロンソ

カテゴリー