背中は自己処理するよりも脱毛してしまうのが便利です

背中の産毛は一見わかりにくいものも広範囲に生えており、自分では処理しにくいのが特徴です。そのため自己処理をムリに行って背中を傷つけたり、剃り残してしまったりしてしまうリスクを抱えるよりは、いっそ脱毛してしまった方がすっきりとしてお手入れも楽です。
それぞれメリットもあればデメリットもあるため、よく考えてから踏み切りましょう。

自己処理と脱毛では大きな違いがあります

背中は目立った毛が少なく、人によっては自己処理で済ませてしまったり、とくに手入れをしていなかったりする人もいます。しかし実際には背中には細かい産毛がたくさん生えており、見た目や清潔感を重視するのであればぜひ手入れしておきたい場所です。
自己処理とサロンでの脱毛、それぞれの方法についてとくに押さえておきたい違いを挙げてみましょう。

【自己処理】
自己処理であればいつでも気軽に行うことができます。しかしどの方法をとるにせよ、背中は自分一人で行うとなると見えにくく、なかなか隅々まで綺麗に処理をすることが難しい場所です。
丁寧に処理したはずであっても、細かい部分など剃り残しがあったり、知らないうちにカミソリ負けなどしたりして怪我をしてしまう可能性もあります。
唯一自宅で処理をする場合でも剃り残しなくできる方法が、家族やパートナーなどに頼む方法ですが、デリケートな問題でもあり頼みにくいという人も多いはずです。自己処理する場合はいつでも好きな時に行える一方で、常にリスクとの戦いとなります。

【脱毛サロンでの脱毛】
脱毛サロンで背中の脱毛を依頼することにより、もともと生えていた毛がほとんどない背中が手に入るでしょう。プロに依頼するだけあり、仕上がりも綺麗です。
しかし脱毛サロンでの脱毛は自己処理と違い、1回施術をすればすぐに毛のない綺麗な背中が手に入るわけではありません。毛周期に合わせて脱毛を行い、ほとんどすべての毛に処理を行き渡らせるまで最低でも半年から1年、長くて3年以上の期間が必要です。
「今年の夏に間に合わせたい」などの短期的な要望は叶いにくいでしょう。

両者の負担の違いを把握しましょう

自己処理は手入れしにくく、サロンでは時間がかかるのが欠点といえます。一方で他にも両者で違いが顕著にあらわれる点があるため知っておきましょう。

【自己処理は1回あたりの初期投資が少なくて済みます】
自己処理が脱毛サロンに比べてとくに優れている点としては、1回あたりの費用の少なさが挙げられるでしょう。脱毛サロンの場合、背中はとくに面積が広いこともあり、脇の毛などを処理するよりは費用がかかりやすくなります。
最低でも十数万単位のお金がかかってしまうため、どうしてもお金をかけたくない場合は1回あたり数十円から数百円しかかからない自己処理が有効な方法です。ただし長期的に見れば処理回数の多い自己処理の方が負担が大きくなる可能性もあります。

【脱毛は完了後はお手入れの時間がほとんどいりません】
一方で脱毛サロンの脱毛は初期投資こそ高いものの、何回も通ってある程度脱毛が進んでくれば、お手入れの頻度が目に見えて落ちて来やすいと言われています。毎回鏡を見ながら背中を四苦八苦して剃る手間もなく、もちろん剃り残しなどの心配もありません。
普段背中を意識することはほとんどなくなるでしょう。またいつでもつるつるした美しい背中が手に入ります。

自己処理にはさまざまな方法があります

費用を考えると、やはり自己処理で済ませたいという人も多いことでしょう。しかし自分では見えず面積の広い部分を手入れするだけに、自己処理にはさまざまな方法があるもののどれも一長一短です。
主な自己処理方法をご紹介します。

【電気シェーバー】
オーソドックスな方法としてはやはり電気シェーバーが挙げられるでしょう。肌を傷つけにくく、安全に剃ることができます。
しかし当てる角度や力加減によっては剃りにくいことがあるため、背中をすべて均等に剃り残しなく、処理を終えるのは至難の業です。

【カミソリ】
カミソリも有効な処理方法ですが、電気シェーバーと違い当て方を間違えると肌がすぐに切れてしまうため、一人で背中に当てるのは難しいでしょう。また電気シェーバー同様に剃り残しを作りやすいのも欠点です。

【脱毛タオル】
肌を洗う時にこするだけで毛を絡め取ってくれるアイテムが脱毛タオルです。しかし人によっては効果がなく、また男性の場合は毛深い人だと脱毛タオルでは取りきれない場合もしばしばです。
肌が刺激に弱く、カミソリを当てられないという場合にはよいかもしれませんが、あまり効率のよい方法ではありません。

【除毛クリーム】
まんべんなく除毛する方法としては除毛クリームもあります。しかし背中という自分では見えない場所に対してまんべんなく塗り、なおかつ髪の毛にはつかないようにするのは難しいものです。
また広い面積を塗らないといけないためクリームの量も多くなり、コスパは悪くなりがちになります。またニキビや怪我した部位などを避け難く、肌に刺激を与えてしまう可能性もあります。

【家庭用脱毛器】
サロンの脱毛器と似たような仕組みで、光を照射して毛の細胞を破壊し脱毛する道具として家庭用脱毛器があります。一見、わざわざサロンに行かなくてもこのような脱毛器を使えばよいのではないかと思いがちです。
しかしサロンとの大きな違いとして照射面積の狭さが挙げられます。背中に家庭用脱毛器を使うとなると、時間もコストも大量にかかるでしょう。
また効果もサロンより弱めとされているため、同じお金を使うならサロンに行くべきです。

脱毛サロンは工夫次第で安く利用できます

自己処理と脱毛サロンとの大きな差である金銭面での負担は、実は工夫することで軽減できます。大きな金額をかけ何度も通う必要のある場所であるだけに、最初の選択は間違えないようにしたいものです。
脱毛サロンを利用する前に知っておきたい、安く済ませるための利用方法をご紹介しましょう。

【キャンペーンを利用する】
脱毛サロンでは、はじめて利用する人に対してや特別な時期などに、キャンペーンを実施することがあります。キャンペーンを利用すれば通常よりもはるかに少ない額で背中の脱毛をすることが可能です。
万単位で金額が変わることも少なくないため、気になるサロンの情報をよくチェックしましょう。

【セット料金を利用する】
背中は面積が広いこと、また毛が薄い分他の部位よりも効果が出にくいと言われていることから、他の場所よりも料金が高めになっていることがあります。また広いために背中をさらに上部分と下部分とに分けて料金を提示していることもあります。
そのため背中を単独で脱毛するとあまりコストパフォーマンスが良くないことがあるのです。
そこでセット料金を利用してみましょう。背中だけでなく全身脱毛のようなまとまったコースを選ぶことで、最終的な値段は高くなるものの一部位あたりの値段は安くなり、結果として背中も安く脱毛できます。

背中を脱毛するのと自己処理するのではどっちがいい?

背中は自己処理するよりも脱毛してしまうのが便利です

面積の広い背中は自己処理することもできますが処理しにくいため、サロンで脱毛を行った方が楽になります。自己処理もサロンでの脱毛も、メリットばかりではなくてデメリットもあります。よく比較検討して、自分に合った方法を選びましょう。

自己処理と脱毛では大きな違いがあります

背中は手入れするしないでは大きく差が出ます。また手入れ方法でも差が生まれやすい場所です。自己処理は気軽にできる反面完璧に処理しきることが難しいでしょう。脱毛サロンでの施術は仕上がりが美しい反面、時間がかかります。

両者の負担の違いを把握しましょう

背中を自己処理すると、1回あたりの金額は安く済みます。しかし処理回数は多くなるためトータルで見ると高くつく場合があるでしょう。サロンは初期投資がどうしても高くなりますが、手入れがほとんどいらない背中になります。

自己処理にはさまざまな方法があります

自己処理には電気シェーバーやカミソリ、脱毛タオルや除毛クリーム、家庭用脱毛器などの手段があります。しかしどれも綺麗に仕上げる、怪我などをしないなどの面で難があるため慎重に選びましょう。

脱毛サロンは工夫によって安く利用できます

脱毛サロンは自己処理に比べて価格がネックとなりがちです。しかしキャンペーンやセット料金などを組み合わせてうまく利用していくことで、通常価格よりもはるかに安い額で施術することが可能になります。よくチェックしましょう。

背中脱毛のよくあるご質問

やはり自己処理とサロンでの脱毛はちがいますか?

背中は目立った毛が少なく、人によっては自己処理で済ませてしまったり、とくに手入れをしていなかったりする人もいます。しかし実際には背中には細かい産毛がたくさん生えており、見た目や清潔感を重視するのであればぜひ手入れしておきたい場所です。手入れしづらい場所でもあるので脱毛をおすすめします。