初めてのVIO脱毛

VIO脱毛に興味があっても、恥ずかしさや痛みが気になってなかなか始められない男性は多いです。そもそもVIOはデリケートな部分なので、ケアの方法や悩みについて人に相談する機会はあまりありません。そのような状況では、恥ずかしさや不安を感じるのは当然のことです。

しかし、よくわからない状態では、VIO脱毛に対する不安は解消されないままです。この記事では、初めてVIO脱毛をする男性の不安を解消するために、必要な情報を詳しく解説します。気になる脱毛の流れや施術時の体勢に加え、痛みの程度や恥ずかしさを軽減するためのポイントなどを紹介します。なるべく安心した状態でVIO脱毛を受けるためにも、ぜひ参考してください。

VIOって具体的にどの部分?

VIOとは、いわゆるビキニラインを意味する「Vライン」、陰部の両側を表す「Iライン」、肛門周辺の「Oライン」の3カ所のことです。

脱毛サロンではVIOのそれぞれを個別で脱毛できるコースだけでなく、VIOのすべてをまとめて脱毛できるコースも用意されています。VIOはいずれも小さな部位なので、まとめて脱毛するとしても1回の施術時間は5分程度です。最終的に3カ所すべてを脱毛するつもりなら、まとめておこなったほうが手間も少なくて済みますし料金も割安になるのでお得です。…VIO脱毛についての詳細はこちら

VIO脱毛を初めて受けるときの注意点

VIO脱毛の注意点

初めてVIOの脱毛を受ける場合、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。VIOはデリケートな部分であり、気になることがあってもなかなか人には聞きにくいものです。そのため、事前に注意点を確認しておくと安心して施術を受けられます。ここでは、VIO脱毛を初めて受けるときの注意点を説明します。

事前に自己処理をする必要がある

VIOに限らず光脱毛を受ける場合は、生えている毛をすべて剃った状態で脱毛サロンへ行く必要があります。ただし、VIOは自分で確認しにくく、毛の自己処理が難しい部位なので、無理に自己処理を進めるのは危険です。自己処理の際にVIOの周辺を傷つけてしまうと、脱毛の施術に支障が出る可能性もあるので注意しましょう。

万が一、自己処理の剃り残しがあれば、脱毛サロンのスタッフに処理を任せることもできます。もちろん、基本的には自分で処理する必要があることは忘れないようにしましょう。自己処理のコツは後述するので、ぜひ参考にしてください。

脱毛前・脱毛期間中は毛抜きで抜くのは絶対NG

脱毛を受けると決めたら、脱毛がすべて完了するまで毛を抜くのは避けてください。なぜなら、毛を抜くと脱毛の施術の効果が薄くなるからです。

VIO脱毛は、太くて濃い毛に対して高い効果を発揮するIPL脱毛で施術するサロンが多いです。IPL脱毛は、毛の黒い色素(メラニン色素)に反応して光を照射する仕組みになっています。毛を抜くと根本から毛をとってしまうので、その毛穴には黒い色素がない状態になります。そのため、IPL脱毛を受けても毛穴に反応しなくなり、光を照射できません。

脱毛を受けるときは、毛を抜くのではなく剃って処理をしましょう。剃れば肌の表面の毛はなくなりますが、毛根や目に見えない部分に短い毛は残っています。黒い色素が残っているので、しっかりIPL脱毛の光を照射できます。

そもそも毛抜きで毛を抜くのは肌にとって大きな負担になります。肌トラブルのリスクもあるので、普段から避けてください。

施術中はスタッフの指示に従う

VIOはデリケートな部位なので、安全に施術を受けるためにもスタッフの指示にきちんと従いましょう。スタッフは正しく照射するためにベストな姿勢を指示してくれます。

最初の頃はVIOの施術を受けるのは恥ずかしいと感じる人も多いです。指示があっても、そのとおりに体を動かせないケースもあります。しかし、指示に合わせて姿勢を変えないと、照射のムラができて脱毛の効果を得にくくなる可能性もあります。スタッフの作業にも支障が出る恐れがあり、場合によっては通常よりも時間がかかってしまうかもしれません。

脱毛サロンのスタッフは、たくさんの人のVIO脱毛に対応しています。VIOだからといって特別な意識をもつことなく、他の部位と同様に施術を進めていきます。よって、施術を受ける側も恥ずかしがる必要はありません。きちんと照射できるよう、施術中はスタッフの指示通りの姿勢をとりましょう。

施術後はしっかり保湿をする

脱毛の施術を受け始めたら、しっかり保湿することを心がけましょう。脱毛サロンでも、施術後は脱毛した部分の保湿をしてくれます。自宅に帰った後も自分で保湿をして次の施術までしっかりケアすることが大切です。

きちんと保湿していれば、次の脱毛の施術時間を最短にできます。なぜなら、うるおいがある肌は、脱毛の光の効果を受けやすくなるためです。また、保湿をきちんとしていれば脱毛による肌への負担がかかりにくくなり、肌荒れも防げます。

保湿には化粧水や乳液などを使用し、お風呂上がりにケアしましょう。何を使えばいいかわからないときは、施術後のアフターカウンセリングで相談してください。

VIO脱毛の施術はどんな格好でするの?

VIOの施術は専用の紙パンツを履いた状態でおこない、少しずつずらしながら光を照射していきます。紙パンツは使い捨てなので衛生面も安心です。なかには、下着を身につけず、代わりにタオルを巻いた状態で施術する脱毛サロンもあります。脱毛サロンによってVIO施術時の格好には差がありますが、いずれもなるべくスタッフの目にデリケートな部分が触れないように配慮しながら施術をおこなうのが一般的です。

それぞれの脱毛サロンが定めるVIO施術時の格好に抵抗がある場合は、予約をとる前に問い合わせて確認や相談をしておくと安心です。

VIO脱毛の施術時の体勢

VIO脱毛をする場合、施術はVIOの順で進めるのが一般的です。Vラインを施術する際は、仰向けになり、少し脚を開きます。仰向けで寝ているだけなので、ほとんど恥ずかしさはありません。

Iラインの施術でも基本的に仰向けのままですが、片方ずつ膝を立てて外側に倒します。デリケートな部分を大きく開くので、多少の恥ずかしさを感じるかもしれません。とはいえ、紙パンツを履いている場合はすべてが丸見えになるわけではなく、施術する部位とその周辺の一部が見える程度です。

Oラインの施術では、うつ伏せまたは横向きの状態になります。片方の膝を曲げ、開いた状態をキープします。Oラインが見える状態になりますが、自分自身はうつ伏せや横向きの状態なので、意外と気恥ずかしさはありません。もちろん、慣れるまでは恥ずかしいと感じる可能性もありますが、回数を重ねるうちにあまり気にならなくなります。

VIOの3カ所すべてを脱毛するとしても、トータルの施術時間はわずか5分程度です。体勢を変えながら施術を進めるので、想像以上にスピーディーに施術が終了します。

恥ずかしがっていると体に力が入り、うまく施術が進まない可能性もあるため、指示に従って適切な体勢をとったら、後はスタッフを信じて身をゆだねましょう。スタッフはVIO脱毛に慣れているので、恥ずかしがる必要はありません。スタッフもあえて施術とは関係ない話をし、恥ずかしさを感じないように配慮してくれます。

なお、脱毛サロンによっても施術の進め方や体勢が異なる場合もあります。基本的に、その場にいるスタッフの指示に従うことが大切です。

施術当日の流れ

VIO脱毛を受けるときは施術時の格好や体勢だけでなく、当日の流れも把握しておくと安心です。VIO脱毛の施術当日の流れは、以下のように進みます。

1.カウンセリング
脱毛サロンを訪れたら、最初にカウンセリングを受けます。VIO脱毛に関する詳しい説明を聞いたうえで、不安や疑問点についてじっくり相談します。VIO脱毛の施術について特別な要望がある場合は、カウンセリングの際に伝えておきましょう。

たとえば、恥ずかしさを軽減するため、施術中は脱毛と関係ない会話がしたいと希望することも可能です。反対に、無駄な会話をせずなるべくスピーディーに施術を終わらせたいと伝えてもいいです。施術に支障が出ない内容であれば、対応してもらえます。

2.肌状態の確認
施術をおこなう前に肌をチェックし、毛の剃り残しがないか確認します。また、肌に傷やトラブルがなく、安全に施術できる状態かについても確認します。

3.施術
照射する部位を拭いて清潔にしたうえで、施術を開始します。スタッフの指示に従って体勢を変えながら脱毛を進めていきます。体勢がきつかったり、痛みが我慢できなかったりするときは、遠慮せずにスタッフへ伝えましょう。

4.クールダウン
脱毛した部分を冷やしてクールダウンします。さらに、保湿美容液などを塗り、保湿ケアをします。

5.アフターカウンセリング
施術で気になったことを質問したり、自宅でのセルフケアについて確認したりします。わからないことは、きちんと聞いておきましょう。次回の施術が可能な時期の目安を教えてもらえるので、それに合わせて予約をとります。

…脱毛の流れの詳細についてはこちら

VIO脱毛の痛みはどれくらい?

VIO脱毛の痛みは、輪ゴムをはじいたような痛みだといわれています。VOはパチパチとした刺激を感じる人もいますが、ほとんど痛みを感じないという人もいます。Iラインは特にデリケートな部分なので、VOに比べると痛みを感じやすいです。

なお、クリニックの医療レーザー脱毛は高い出力の照射をするので、脱毛サロンの光脱毛よりも痛みが強いです。クリニックや脱毛サロンによっては、痛みを感じにくいマシンを使って、技術の高いスタッフによる施術で痛みを軽減する努力をしています。痛みがあるとしても、痛みを感じる時間が短くなるように配慮しているケースもあります。

ただし、肌トラブルがあったり体調がよくなかったりすると、いつもと同じ施術でも痛みを強く感じることもあるため、いつもと違って不安な場合はスタッフに相談しましょう。

VIOラインの自己処理のコツ!

VIOラインの自己処理

VIOは見えにくい部分もあるので、どうすれば安全に自己処理できるかわからないという人も多いです。ここでは、VIOの自己処理を安全におこなうコツを紹介します。施術前の自己処理をするときの参考にしてください。

電気シェーバーがおすすめ

VIOは見えにくいうえにデリケートな部位なので、カミソリを使って毛の処理をすると肌が傷つく恐れがあります。

基本的に、電気シェーバーを使用して毛の自己処理をしましょう。ただし、毛が長い状態でいきなり電気シェーバーを使用すると、絡まってしまいます。事前にハサミで短くカットしたうえでシェービングを開始しましょう。

すべての毛を脱毛するわけでなく、Vラインの一部を残したり、減毛を目的としていたりする場合も初回はすべて剃っていくのが基本です。毛量を減らしながら、少しずつ整えていきましょう。

手が届きにくい部位はどうすればいい?

Vラインなら自分の目で確認しながら自己処理できますが、IラインとOラインは見えにくいので毛の処理が難しいです。IラインとOラインについては、鏡の前に座って脚を開いたり鏡を床に置いてまたがるようにしたりすると、鏡越しに確認しながら毛の処理ができます。かなり細かい部分なので、電気シェーバーはできるだけIOライン専用のものを使用しましょう。用意できないときは、顔用の小さなシェーバーを選ぶと扱いやすいです。

ただし、手が届きにくい部位については、無理に自己処理をして傷つけないように気をつけてください。傷があると施術が受けられなくなる恐れがあります。施術前の確認で多少の剃り残しが見つかれば、スタッフがきちんと処理してくれます。

なかには、Oラインの自己処理は危険なため、最初からサロンで対応することになっているケースもあります。脱毛サロンによって自己処理が必要な部位が異なるので、施術を受ける前に確認しておきましょう。

施術日の12日前に自己処理をする

脱毛の施術のために毛の自己処理をするのは、施術日の12日前くらいがベストです。なぜなら、脱毛は、毛が23mm程度伸びている状態が最も効果を発揮しやすいからです。施術日に自己処理をすると毛が肌の表面にまったく出ていない状態になるため、脱毛の効果が薄くなってしまいます。

シェービングは少なからず肌に刺激を与えるので、自己処理をした後はしっかりとした保湿も大切です。保湿をきちんとおこなっていれば、脱毛の施術によるダメージを軽減できます。

初めてのVIO脱毛で恥ずかしさを軽減するためのポイント

サロンのスタッフは慣れているといっても、初めてVIO脱毛をするときはどうしても恥ずかしいと感じてしまうものです。少しでもVIO脱毛の恥ずかしさを軽減するには、どうしたらいいのでしょうか。ここでは、初めてのVIO脱毛で恥ずかしさを軽減するためのポイントを紹介します。

シャワーやウォシュレットなどで清潔にしておく

VIO脱毛で恥ずかしさを感じる理由は、単にデリケートな部分を人に見られるからだけではありません。汚れや臭いに対する心配も、恥ずかしさの理由のひとつです。そのため、VIO脱毛の恥ずかしさを軽減するには、施術前にシャワーやウォシュレットなどを使用し、VIOを清潔にしておくことが大切です。施術当日は自宅でシャワーを浴び、さらに施術する前にトイレのウォシュレットを使用しましょう。

仕事帰りや他の用事を済ませた後で脱毛サロンに行く場合や、ウォシュレット付きのトイレが近くにない場合は、ウェットティッシュを持参して着替えのときにデリケートゾーンを拭くのがおすすめです。

ただし、デリケートゾーンは誰でも汚れや臭いが気になる部分です。たくさんの人のVIO脱毛をおこなっているので、スタッフもそのことをよく理解しています。そのため、過剰に心配しすぎる必要はありません。シャワーやウォシュレットなどは、不安を解消する手段のひとつとして事前にやっておくと安心できます。

次回以降も同じスタッフに施術してもらう

脱毛サロンによっては、施術を担当するスタッフを指名できる場合もあります。恥ずかしさを軽減したいなら、初回以降も同じスタッフを指名するのがおすすめです。自分自身がスタッフに慣れてくるので、安心感が生まれます。特に気が合うスタッフなら、リラックスした状態で施術に挑めるでしょう。どのようなスタッフが担当するか事前に把握していれば、緊張も和らげられます。

反対に、初回の施術で不快な思いをしたなら、次回は他のスタッフに担当を変わってもらったほうが良いでしょう。その場合は自分の希望を伝えると、相性のいいスタッフに担当してもらえる可能性が高まります。たとえば、気を紛らわすために会話してほしいと伝えたり、何も話さず黙々と進めて欲しいと希望したりすることも可能です。

痛いのが心配なら「アロンソ」へ

初めてのVIO脱毛について痛みが心配なら、男性専用の脱毛サロン「アロンソ」へ相談してみてください。アロンソでは痛みが少ないマシンを使用していることに加え、施術するスタッフの技術レベルが高いため、痛みを最小限に抑えることが可能です。施術のスピードや仕上がりはもちろん、脱毛の痛みについても、スタッフの技量によって差が出るケースが多いです。

そもそも男性のVIO脱毛に対応しているサロンは少ないですが、アロンソには多くの実績があります。デリケートな部分の脱毛は、安心できる脱毛サロンに任せたいと思うのは当然のことです。アロンソならそういった人でも、安心して施術を受けられる条件をそなえています。

VIOを脱毛する時はカウンセリングで相談すると安心

VIO脱毛は、他の部位と同じく施術の経験が豊富なスタッフが担当します。カウンセリングで詳しい相談ができるため、気になることで施術中もきちんと配慮してもらえます。VIOはデリケートな部分なので、初めての施術ではどうしても恥ずかしさを感じるものです。しかし、スタッフも慣れているため、基本的には信頼して指示にきちんと従いましょう。

メンズ専用の脱毛サロン「アロンソ」は、VIO脱毛について高い実績をもっています。施術を担当するスタッフは他のサロンでも豊富な経験を積んできたベテランです。初めてVIO脱毛をする際の不安や心配についても、カウンセリングでしっかり相談できます。

VIO脱毛・ニードル脱毛なら東京恵比寿のメンズ脱毛サロンAlonso(アロンソ)

カテゴリー