チン毛の処理ってどうやるの?

男性にとってチン毛(陰毛)を含むムダ毛は「生えていて当然」だと思っている人が多いかもしれません。しかし、海外では男性が陰毛の処理をするのはマナーだと考えられ、すでに一般的になっている国も多くあります。日本ではあまり一般的ではありませんでしたが、最近では日本人の男性でも同じような意識が広がりつつあり、処理をしている人も増えています。

ただ、なかには処理したい気持ちはあっても、具体的にどうすればいいのかわからないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そこでこの記事では、チン毛の処理をするメリットや具体的な処理方法とともに、女性が男性のチン毛処理に対してどのようなイメージを持っているかも含めて詳しく解説します。

チン毛(陰毛)は処理した方がいいのか?

もともと日本では体毛が濃いほうが男性らしいと考える傾向もあり、男性がムダ毛を処理する習慣はありませんでした。一方で、海外でも特に欧米ではスパやサウナを楽しむ習慣があり、アンダーヘアの処理をするのがマナーだと考える意識が根付いています。

日本でも男性がムダ毛の処理をすること自体は珍しいものではなくなってきました。ただ、半ズボンから出る脚の毛やヒゲなど、見える部分のムダ毛を脱毛することはあっても、見えないアンダーヘアはまだまだ処理しない人が大半です。しかし、多くはないものの、すでに処理した人や気にする人は確実に増えてきています。

処理することで快適に過ごせたり、パートナーに喜ばれたりなど、メリットも少なくありません。完全にツルツルにしてしまうかどうかは別として、今後は男性も見えない部分のチン毛を処理することが一般的になっていくと考えられています。

チン毛(陰毛)を処理するメリット

では、実際にチン毛を処理することでどのようなメリットが得られるのでしょうか。まずは本人が実感するメリットが多数あります。また、女性からはどのように思われているのか気になる人もいるでしょう。そこで、女性の意見も含めてメリットを多方面から詳しく解説します。

清潔が保てる

チン毛が生えている部分は常に下着やズボンで覆われています。通気性が悪いため、蒸れやすくなることは避けられません。処理しないまま毛が絡まった状態になっていると、雑菌も繁殖しやすく、その結果として嫌な臭いが発生したり、かゆくなったりします。

特に汗をかきやすい夏場は、さまざまなトラブルが起きやすい時期です。毛をなくす、または減らすことで蒸れを緩和することができ、快適に過ごせるようになります。毛に排泄物の汚れが付着することが臭いのもとになるため、毛を処理することで臭いの原因をかなり取り除くことも可能です。

下着や水着からはみ出さない

ツルツルにしてしまわなくても、処理することで毛量をかなり少なくできるのはもちろん、形をすっきり整えられます。そのため、下着や水着になったとき、毛がはみ出す心配をしなくて済むようになるのもメリットです。

普段は自分であまり下着や水着からのはみ出しをチェックしていない人でも、パートナーから指摘されて気づくこともあります。それまでは気にしていなかったとしても、人に見られていたら意外と恥ずかしいものです。海やプールにいく際もきちんと処理していれば、心配せずに思いっきり楽しむことができます。

包皮に巻き込まれない(包茎・仮性包茎の場合)

包茎や仮性包茎の人の場合は、毛が包皮に巻き込まれやすくなります。チン毛はほかの部分に生える体毛や頭髪に比べると太くて硬い毛質です。毛が巻き込まれると不快感があるだけではなく、強く引っ張られると痛みもあります。

特に毛量が多い人の場合は毛の巻き込みも頻繁に起こる可能性が高くなり、大きな悩みになっているかもしれません。チン毛の処理をしておくことで巻き込まれなくなるため、そのような悩みからは解放されます。

女性からの印象が良くなる

男性のデリケートゾーンについて女性に意見を聞いてみると、実はなんの処理もしていないモジャモジャの状態はあまりイメージがよくありません。ツルツルとまではいかないものの、なにかしらの処理をしてほしいという女性は多くいます。

海外の男性にとってはアンダーヘアを整えるのは当たり前という考えが浸透し、全部処理する男性も珍しくありません。そのため、特に外国の男性と交際した経験がある女性のなかには、ツルツルを求める人もいます。また、海外の女性にとっても男性が処理しているのは当たり前という感覚の場合も多く、海外の女性と交際するならば処理しておくのがおすすめです。

日常生活が楽になる

チン毛が生え放題のまま何の処理もしていなければ、当然抜け毛もある程度あります。気がつかないうちに部屋のなかに毛が散らかっている状況を目にすることもあるのではないでしょうか。そのような状況で来客があり、恥ずかしい思いをしたことがある人もいるかもしれません。処理しておけば毛が部屋に散らかることもなく、掃除も楽になります。

また、毛をモジャモジャの状態にしているとズボンのチャックに巻き込むこともあるため、処理しておくことで痛い思いをせずに済むのもメリットです。実際にチン毛の脱毛を経験した人のなかには、日常生活を送るうえでこれらの不快さや不便さが解消されたという声が多く挙がっています。

性行為が気持ちよくなる

毛がなくなる、または少なくなることで、密に生えていたときよりも性行為の際に肌が密着し、気持ちよく感じます。毛が絡まることによる女性への負担が少なくなるのもメリットのひとつです。

毛がある状態ではオーラルの際、臭いが気になったり毛が口に入ったりなど、少なからず抵抗を感じる女性もいます。男性以上にアンダーヘアの処理をしている女性は多いため、男性のアンダーヘアの処理に関して理解がある人も増えています。パートナーの女性と一緒に処理することで仲も深まることもあります。

陰茎が大きく見える

自分の陰茎の大きさに自信がなく、なんとかして自信をつけたいという人もいるのではないでしょうか。実はチン毛がモジャモジャ生えている状態ではっきり見えなかった陰茎も、処理することで露出し、大きく見える可能性があります。

そのため、自分の陰茎の大きさに自信が持てなかったり、コンプレックスを抱えていたりする人には、すっきり処理するのがおすすめです。

チン毛(陰毛)処理に対する女性のイメージ

チン毛(陰毛)処理に対する女性のイメージ

チン毛を処理するメリットでも紹介したように、きれいに処理している男性のほうが女性の印象は良好です。実際にはさまざまな意見があり、なかには全部ツルツルに処理している状態はあまり好ましくないという女性もいます。一方で、なにもしていないのも嫌だという声も珍しくありません。

また、アンダーヘアといっても「VIO」と一般的に呼ばれるように、細かく部位がわかれています。VIOの「V」はビキニラインを指し、「I」は男性器のまわり、「O」は肛門周辺です。自己処理をするにしても、専門店で処理してもらうにしても、Vラインだけではなく、IラインやOラインを含めて処理したほうが快適です。

特にアンダーヘアのなかでは、おしりや肛門周りの毛が濃い状態に嫌悪感を抱く女性がかなり多いといわれています。パートナーがいる人の場合は、相手がどの程度処理してほしいと考えているか相談してから決めるのもいいでしょう。

アンダーヘアの処理方法

チン毛の処理をする際は、上記で説明したようにVIO全体をまとめて処理するのがおすすめです。そこで、自己処理する場合はどこをどのように処理すればいいのか、専門店ではどのような処理をしてもらえるのかについて、それぞれ詳しく処理方法を解説します。

自己処理

アンダーヘアの処理はある程度、自分ですることができます。ただし、自己処理では一時的にきれいになるものの、またすぐに伸びてくるのが厄介なところです。きれいな状態を保つためには定期的なお手入れが必要です。ここではまず、自己処理の方法とポイントを詳しく解説します。


電気シェーバー・かみそり

自分で最も簡単にアンダーヘアの処理ができるのは、電動シェーバーやかみそりを使う方法です。しかも、費用もそれほどかかりません。ただし、IラインやOラインは自分では見えにくいため、かみそりよりも電気シェーバーがおすすめです。できればアンダーヘア専用のシェーバーを使うようにしましょう。

シェービング前、まずはある程度ハサミで毛を短く切っておくのがコツのひとつです。また、お風呂に入って温めることで毛が柔らかくなるため、剃りやすくなります。

デリケートな部分だということもあり、なにもつけずに直接剃ると肌を傷めることもあります。肌に負担をかけないよう、必ずボディーソープやシェービングフォームを使って剃りましょう。


ハサミ

毛を剃るのは抵抗がある、簡単に処理したい、という場合はハサミでカットする方法があります。ハサミなら毛の生えている形状は残しつつ、長さを整えることが可能です。形や長さを整えるだけでもある程度はすっきりし、なにも処理しない状態に比べると清潔感が出ます。

ただ、ハサミでカットすると毛先は尖ってしまうため、どうしてもチクチクする感じが残ることがあります。

使用するハサミは鼻毛用など、先が丸く加工されているものを使うようにしましょう。文房具用のハサミは先が鋭く尖っているものも多く危険です。衛生面を考えても、専用のハサミを使用してください。


ヒートカッター

ヒートカッターも使いやすく、デリケートな部位であるVIOを自己処理する際には特におすすめです。使い方はかみそりと似ていますが、刃ではなく温まった熱線で毛を焼き切る仕組みです。

熱で切ると聞くと熱くないのか気になるかもしれませんが、アタッチメントがついているため火傷をすることはありません。コームを使って毛の長さをそろえながらカットすることで、よりきれいに仕上がります。熱で毛を焼くため処理後の毛先は丸くなり、チクチクしにくいのがメリットです。


バリカン

髪の毛を刈るときと同じようにバリカンを使ってカットできます。刃を調節すれば、好みの長さに整えることも可能です。ただし、頭髪用のバリカンを使用すると、デリケートなVIO部分の皮膚を傷つける可能性もあります。そうならないよう、バリカンを使いたい場合は、陰毛専用のバリカンを使うようにしましょう。

また、バリカンは毛をきれいに剃ってしまうというよりは、基本的に長さを整えるためのものです。ヒートカッターのように熱で焼き切るわけではないため、ハサミでカットしたときのように毛先が尖った状態でチクチク感もあります。


除毛クリーム

除毛専用のクリームを処理したい部位に塗り、毛を溶かす方法です。クリームを塗って所定の時間をおき、その後にクリームを洗い流すか拭き取るときれいな状態になります。

自己処理のためにシェーバーやかみそりで剃るのが面倒だと感じる人や、無理な姿勢で自己処理するのが辛い人におすすめの方法です。クリームを塗ってしばらく放置するだけなら簡単なのはもちろん、肌を傷つける恐れもありません。

ただし、除毛クリームは体のムダ毛用ではなく、アンダーヘアの処理をしても大丈夫なものを使う必要があります。また、肌に合わなければかぶれや火傷が生じる可能性もあるため、使用前には必ずパッチテストを行ってください。

専門店で処理

自分でムダ毛の処理をするのは意外と面倒です。また、処理しても時間が経てばまた生えてくるため、継続的にお手入れをしなくてはなりません。自分で定期的にお手入れするのが面倒だという場合は専門店で処理してもらうようにするのがおすすめです。頻繁に処理をする手間を考えれば、いっそのこと脱毛したほうが楽な場合もあります。


光脱毛

光脱毛は多くの脱毛サロンで採用されている脱毛方法です。文字通り、脱毛に効果があるとされる波長の光を当て、毛が作られるもととなる部分に働きかけます。脱毛時に多少の痛みはあるものの、細菌では痛みの少ないマシンも増えてきました。また、優れた技術を持つスタッフがいるサロンを選べば、少ない痛みで脱毛してもらうことも可能です。

他人にやってもらうことに抵抗感のある人もいるでしょう。しかし、表面に出ている部分だけを取り除く自己処理とは違い、施術後は自己処理する手間を減らすことができます。男性スタッフが施術してくれるサロンを選ぶことで恥ずかしさもほぼありません。

毛を全部なくす、この部分だけ残したい、全体的に毛の量を減らしたいなど、希望に合わせた脱毛にも対応してもらえます。発毛サイクルに合わせて1カ月半~2カ月おきに何度か通う必要はありますが、美容院にいくのと同じ程度の頻度だと思えばさほど手間でもありません。


医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は脱毛サロンではなく、医療機関(クリニック)で行われている脱毛方法です。基本的な仕組みはサロンで行われている光脱毛と同じで、レーザーが毛の黒い色素に反応して熱を発し、肌の奥にある毛の生えるもとを破壊します。

脱毛サロン異なり、専門知識や技術を持った医師がいるクリニックでは高出力の医療レーザーを扱うことができます。照射パワーが強いため毛の再生率も低く、いわゆる永久脱毛に近い状態が可能になる方法です。

脱毛に通う回数はサロンに比べて少なめで済むものの、費用はサロンよりも高い傾向があります。パワーの強いレーザーを照射することもあり、施術時の痛みは強めです。ただし、別料金にはなりますが、医療機関であるため麻酔を使用して痛みを緩和してもらうことができます。


ブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは天然成分のワックスを脱毛したい部分に塗ってシートを貼り、かたまったら一気にはがして脱毛する方法です。

シェーバーやかみそりで毛を剃る場合は、肌の表面に出ている部分だけがなくなる状態です。一方で、ワックスによる脱毛は毛根から引き抜けます。その分、新しい毛が生えてくるまでに時間がかかり、きれいな状態が長続きします。

ただし、デリケートな部位であるVIOをブラジリアンワックスで脱毛する際は、シートをはがすときに強い痛みを感じます。また、ある程度広い範囲を一度に脱毛できる即効性がある一方、引き抜いただけに過ぎません。毛がない状態は一時的であり、時間が経てば再び毛が生えてきます。

家庭用のブラジリアンワックスも市販されているため自己処理もできます。しかし、デリケートな部分であるため、専門店で施術してもらうほうが安心です。

どんな状態に処理するか?一般的なデザインを紹介

どんな状態に処理するか?一般的なデザインを紹介

実際にVIOの毛を処理するときは、どの部位をどのくらい処理するのかあらかじめはっきり決めておくことが大切です。たとえば、全部毛をなくしてツルツルにするのか、ある程度毛を残すのか、少し整えるくらいなのかなどがあります。そこで、参考になるVラインのデザインについて詳しく紹介します。

ナチュラル

「ナチュラル」はその名の通り、もともと生えているVラインの毛を自然な形で残しながら処理します。毛量の多い人の場合、適度に整える程度でもすっきりしたイメージになります。自然な仕上がりになるため、はじめてVIOの脱毛をする人や、脱毛したことがあからさまにならないようにしたい人に適した形です。

また、Vラインの毛がお腹の毛とつながるように生えている人にもニーズがあります。おへそ周りやお腹の毛と一緒に処理することで、違和感なくすっきりさせることが可能です。

逆台形・逆三角形

「逆台形」はナチュラルよりももう少しすっきり脱毛し、全体が台形を逆さまにした形になるように整えたデザインです。脱毛しているのがわかるものの、比較的ナチュラルに近い雰囲気に仕上がります。

逆台形の下部にかけて細く、先端が尖ったスマートな形が「逆三角形」です。逆台形よりさらに整えている感じが増します。逆台形も逆三角形もサイドをしっかり脱毛するため快適性が増し、下着や水着から毛がはみ出しにくくなります。女性からの人気も高いデザインです。

長方形・楕円形

全体が「長方形」になるよう整えるデザインや、角をなくして丸みのある「楕円形」にするデザインは、逆台形や逆三角形よりも広い面積を残したい人に向いています。それでいて、もともと毛量が多い人は、適度な量にすっきりさせることができます。

丸みのない長方形はどちらかといえば男らしい感じ、楕円形は優しい雰囲気を出すことが可能です。どちらのデザインも見た目ではっきり脱毛していることがわかるため、個性的な形にしたい人にもおすすめです。

ハイジニーナ

「ハイジニーナ」は完全にアンダーヘアがないツルツルの状態です。海外のVIO脱毛では主流になっていますが、日本人の男性で希望する人はまだそれほど多くありません。ハイジニーナにすればアンダーヘアがすべてなくなるため、ほかのデザインと比べると快適性や清潔感は最もあります。

ただし、女性目線では好みがわかれ、遊び人だと勘違いされる可能性もあるデザインです。パートナーがいる人は相手の意見を聞いてから処理をはじめるようにしましょう。

オリジナル

Vラインを脱毛する際の形は、上記のようなある程度一般的なデザインのなかから自分の好みに合うものを選んで施術してもらうことがほとんどです。ただ、サロンによっては、ハート型などオリジナルのデザインを希望すれば対応してもらえることもあります。

しかし、銭湯や公衆浴場では注目が集まることは予想できます。周囲の目が気にならない、奇抜なことをしたいという人は検討してみるのもいいでしょう。

チン毛の処理は脱毛が楽!サロン脱毛で快適な状態へ

チン毛を脱毛すれば、デリケートゾーンを清潔に保てたり、女性からの受けもよくなったりなど、さまざまなメリットがあります。いくつかの方法で自己処理もできますが、楽なのはやはり専門家が行ってくれるサロン脱毛です。

男性専門の脱毛サロンの「アロンソ」はVIO脱毛にも定評があり、実際に施術を受けた利用者から寄せられる声も好評です。マンションの1室に店舗を構える隠れ家的なサロンで、プライバシーも守られています。VIO脱毛に興味があるならば、まずは相談からでもスタートしてみてください。

カテゴリー