Iラインのニードル脱毛とは?

一般的に、男性器からお尻の穴までの部位のことをIラインと言います。VIO全体をデリケートゾーンとも呼びますが、Vラインは男性器の上部、Oラインはお尻の穴の周りというように、それぞれ分かれています。Iラインはムダ毛のせいで蒸れやすい箇所ということもあり、衛生面を気にして脱毛する男性も多くなっています。ニードル脱毛というのは脱毛方法の1つで、毛乳頭へ高周波を流してムダ毛を処理する施術です。永久脱毛が可能な脱毛法ということで、長期間ムダ毛が生えない状態を維持したいという方に人気があります。



Iラインをニードル脱毛するメリット・デメリットを紹介!

Iラインをニードル脱毛するメリットの1つが、デリケートゾーンを清潔な状態に保ちやすくなるということです。Iラインにムダ毛があると、下着の中が蒸れやすくなります。蒸れは雑菌の繁殖や匂いの原因になります。脱毛をして通気性が良くなれば蒸れることも少なくなり、清潔感もアップするでしょう。

また、Iラインのムダ毛がなくなれば、トイレの後に汚れが付着するのを防ぐこともできます。トイレで用を足した後、気づかない内に陰毛に汚れが付いてしまうことはよくあります。そのままにしておくと非常に不衛生で、皮膚のかぶれや病気を引き起こす原因になることも多いです。脱毛をして下半身を清潔に保つことは、皮膚の病気や様々な肌トラブルを防ぐことにもつながります。

陰毛で部屋が汚れてしまうことが減るというのも大きなメリットです。自宅の浴槽やリビングの床などに、陰毛が落ちていて気になったことはないでしょうか。どんなに気をつけて生活していても、活動する以上陰毛が落ちてしまうことはあります。友達や恋人が家に来た時に、部屋に陰毛が落ちていると不潔なイメージを持たれてしまうでしょう。Iラインを脱毛しておけば陰毛が落ちてしまうリスクも減るため、部屋を清潔に保ちやすくなります。

普段からデリケートゾーンのお手入れをしている方は、お手入れの手間が減るというのもメリットになります。衛生面や見た目のことを考えて、デリケートゾーンの自己処理をして毛量を減らしたり、ツルツルにしている男性も多くなっています。しかし、剃刀や毛抜きなどを使っての自己処理は時間と手間がかかります。ニードル脱毛をしてしまえばお手入れの必要がなくなり、またお手入れの回数を減らすことができるため、かなり楽になるでしょう。

加えて、自己処理は意外と肌への負担が大きいです。剃刀でムダ毛を剃った後、肌が荒れてしまったという経験がある方も多いかもしれません。髭を剃った時に剃刀負けしてしまう方もいますが、デリケートゾーンは頬や顎よりも肌が弱い部位です。頻繁に自己処理をしてしまうと肌が荒れてしまったり、かゆみが出たり、肌トラブルに悩まされることも少なくありません。剃刀で肌を傷つけてしまうとそこから雑菌が入ってしまうこともあるため、注意が必要です。Iラインを脱毛してしまえば、自己処理による肌トラブルに悩まされることもなくなるでしょう。

Iラインを脱毛したことで、女性から好印象を持たれるようになったという男性も多いです。男性のムダ毛に対してマイナスなイメージを持っている女性は少なくありません。すべての女性がそうではありませんが、男性の美意識が高くなってムダ毛処理をしている方が多くなっているということもあり、ツルツルの肌を好む女性も増えています。腕や足だけではなくデリケートゾーンも同じで、Iラインの毛をしっかり処理している男性に対して、清潔感があると感じる女性も多いです。Iラインをニードル脱毛してしっかりムダ毛を処理しておけば、女性からの印象も変わる可能性があります。また、自身が介護をしてもらうことを想定して、Iラインを脱毛するという方も増えています。

様々な脱毛法がありますが、ニードル脱毛でIラインを処理する大きなメリットは、永久脱毛が可能ということです。どのような方法でも永久脱毛できるというわけではありません。ニードル脱毛は毛根に直接ダメージを与えることができる脱毛法なため、永久脱毛が可能となっています。(永久脱毛と言っても一生ムダ毛が生えてこなくなるわけではありませんが、脱毛効果が長続きしますので、カッコ内は削除)ニードル脱毛は永久脱毛になりますのでデリケートゾーンのムダ毛に悩まされたくないという方にとってニードル脱毛はメリットの多い脱毛法です。

周りの方の視線が気になるというのは、Iラインを脱毛するデメリットの1つかもしれません。デリケートゾーンを脱毛する男性は増えていますが、まだまだ脱毛は女性がするものというイメージを持つ方もいます。特に腕や足ではなく、デリケートゾーンがツルツルの男性を見ると珍しいと感じてしまう方もいるでしょう。銭湯や温泉に入った時に、周りの方から注目される可能性があるのはデメリットと言えます。

脱毛してしまうと、簡単には元に戻せないというのもデメリットの1つです。脱毛効果が高いニードル脱毛ですが、一度綺麗に脱毛してしまうと長期間ムダ毛が生えてこなくなります。施術をした後に周りの視線が気になり、「やっぱり元に戻したい」と思ってもそう簡単にはいきません。もし心配であればいきなりツルツルにするのではなく、毛量を減らす程度の脱毛にしておくといった方法がおすすめです。

人によっては、施術時の恥ずかしさもデメリットになるかもしれません。施術は脱毛部位に直接行うことになるため、基本的には下半身を露出させて行うことになります。もちろん、サロンではなるべく下半身が見えないように、タオルを掛けるなどの配慮をしてくれますが、それでも恥ずかしさを感じる方はいるでしょう。恥ずかしさがある場合には、プライバシーにしっかり配慮してくれるサロンや男性スタッフが施術してくれるサロンを選ぶと安心でしょう。

Iライン(睾丸・陰茎周り・股の間)の施術メニュー
ニードル脱毛の料金
30 /12,000円(税込)
1時間 /20,000円(税込)
  • ※料金体系は時間制となりお時間内であれば複数箇所の
    施術が可能です。
  • ※上記表示料金に、プローブ代が含まれております。
  • ※ご予約は、30分単位で受け付けております。
  • ※ニードル脱毛をご希望の方は毛を剃らずにお越しくださいませ。
  • ニードル脱毛について
光脱毛(IPL)の料金
  1回毎 /11,000円(税込)
  5回セット /49,500円(税込) ※一回あたり9,900円(税込)
10回セット /88,000円(税込) ※一回あたり8,800円(税込)
脱毛範囲

睾丸の下から肛門手前まで。
睾丸、竿、会陰、股の間も含む。

脱毛時間の目安

約 10 分 ※身長・体格・毛の生えている範囲により施術時間が異なります。

効果実感の目安

2回目以降

アロンソ脱毛女性スタッフから
のコメント

世の中の女性は、すでにデリケートゾーンのムダ毛のお手入れは、パーフェクトに終わらせている割合も少なくはありません。
今では男性であっても、陰部のムダ毛をスッキリさせようという、意識の高い人も増えています。
そもそも、ムダ毛が生えている必要性を感じないという意見もあります。ムダ毛が生えていることにより、見た目のも良くないですし、蒸れたり匂いなども気になります。
男の人の脱毛でIラインというのは、睾丸と陰茎周り、それから股の間のゾーンになります。
女性ほどの割合ではありませんが、夏場の水着の着用時などは、ムダ毛に厄介さを感じやすいです。
自分でムダ毛を処理しても、直ぐに生えてきますし、チクチクして不快感この上ないものです。ムダ毛を自分で剃ったあとは、肌がヒリヒリしますし、カミソリで肌を傷つけることもあります。ときにはムダ毛が絡んでしまい、ムダ毛の巻き込みで不快感を感じることさえあります。

男性のIライン脱毛は女性とは異なり、睾丸と陰茎周りと、股の間がセットでひとくくりです。
施術をして毛量の変化や、施術の効果を感じるのは、2回目くらいからです。このゾーンのムダ毛をなくすと、想像していた以上に、やってよかった感を感じやすくなります。嫌な臭いであったり、群れなどからも解放されることになります。
自分でムダ毛を処理することもなくなりますから、肌を傷つけませんし、処理後のチクチク感もありません。自己処理にかかっていた時間はなくなるため、効率的です。

Iライン
(睾丸・陰茎周り・股の間)脱毛の
施術イメージ

ニードル脱毛施術イメージ
光脱毛(IPL)施術イメージ

Iライン
(睾丸・陰茎周り・股の間)脱毛
の流れ

肌状態のチェック
STEP.1

肌状態のチェック

施術前除菌
STEP.2

施術前除菌

脱毛箇所の冷却
STEP.3

脱毛箇所の冷却

施術開始
STEP.4

施術開始

ジェルの拭き取り
STEP.5

ジェルの拭き取り

仕上がり確認
STEP.6

仕上がり確認

施術前の自己処理はいつする?シェービングの基本を紹介

脱毛法によっても変わりますが、脱毛の施術前には自己処理が必要になるケースも多いです。自己処理が必要な場合には、基本的に施術をする2~3日前には行っておくようにしましょう。施術当日に自己処理を行うと、肌を傷つけてしまう可能性があります。肌を傷つけてしまうと施術が受けられなくなる場合がありますので、避けましょう。

必ず数日前までには自己処理を済ませ、肌が回復した状態で施術を受けるようにしましょう。施術前のシェービングは、電気シェーバーを使うのが基本です。剃刀を使ったシェービングは、肌へのダメージが大きいためです。また、普段は脱毛ワックスや毛抜きを使って自己処理する方もいるかもしれませんが、施術前は厳禁です。施術前に自己処理が必要になるかどうかは、脱毛法や施術を行うサロンによっても変わります。ニードル脱毛の場合は、ムダ毛が伸びた状態で施術を行わなければならないため事前にサロンに確認しておくと安心です。

Iラインを自己処理する時のコツは?

電気シェーバーなどを使ってIラインを自己処理する時は、毛の流れに沿ってシェービングするのがコツです。毛の流れに逆らってシェービングすると、肌へのダメージが大きくなります。電気シェーバーや剃刀にムダ毛が引っかかってしまい、毛の流れと逆に抜けると強い痛みを感じたり、肌が荒れることもありますので注意しましょう。自己処理後にしっかり保湿しておくのもポイントの1つです。自己処理後の肌は弱った状態になっています。保湿をしっかりしてあげることで、肌トラブルが起きるリスクを軽減できます。

Iライン
(睾丸・陰茎周り・股の間)脱毛の
よくあるご質問

VIOはどのように施術しますか?

専用の使い捨て紙パンツをはいていただいてから施術します。
スタッフに竿部分を見られないように配慮しております。

どのくらいのペースで通えばいいですか?

毛量、毛質により個人差はございますが、1~2ヶ月に1度ご来店ください。

強い出力で照射したら硬毛化は解消しますか?

強い出力で照射しても硬毛化が解消したという事はありません。
また、照射する光やレーザーの波長を変えても効果は変わらないまたは、効果が非常に薄いです。

ツルツルではなく毛量を減らすことはできますか?

Iラインのムダ毛を完全に脱毛するのではなく、毛量を少なくすることも可能です。デリケートゾーンということで、いきなりすべての毛を脱毛するのは不安という方もいるでしょう。そういった場合には、お客様のご希望に合わせて毛量の調整を行います。少しだけ量を減らしたい、特定の部分だけを残したいなど、可能な限り対応します。「このくらいの量にしたい」など、ご希望がある場合にはカウンセリング時にお気軽にご相談ください。

下半身を見られるのが恥ずかしいのですが、どのように施術をしていますか?

Iラインの脱毛を行う時は、専用の紙パンツをご用意しております。デリケートゾーンの脱毛ということで、施術を受けるのが恥ずかしいと思う方も多いかと思いますが、大事な部分はなるべくスタッフに見えないように配慮します。また、当サロンは女性スタッフだけではなく男性のスタッフも在籍しています。女性スタッフに施術されるのが恥ずかしいという場合には、男性スタッフを選ぶこともできますので、カウンセリングの時にお伝えください。

Iラインの脱毛範囲はどうなっていますか?

当サロンのIライン脱毛は、睾丸の下から肛門手前までとなっています。睾丸と竿、会陰も含まれていますので、Iライン全体のムダ毛を処理したいというご要望にもお応えすることが可能です。もちろん、Iライン全体ではなく特定部分だけを脱毛したいというご要望にもお応えします。睾丸だけを脱毛するといったこともできますので、ご希望があれば遠慮なくスタッフにお伝えください。ニードル脱毛の料金は時間制となっていますので、時間内であれば複数箇所を施術することも可能です。

施術時間はどの程度ですか?

Iラインの施術の場合、目安の時間は10分程度となっています。ただし、お客様の身長や体格、毛量によっても施術時間は変わってきます。デリケートゾーンの施術を数多く行ってきた熟練のスタッフが、お客様に負担をかけないようにスピーディーに施術します。施術時間などに関して不安なことがあれば、何でもお問い合わせください。お客様のご希望や肌質、毛量などを見ながら、カウンセリング時に施術時間や施術内容などに関して詳しくご説明します。

Iラインの永久脱毛はできますか?

当サロンは光脱毛だけではなく、ニードル脱毛の施術も行っています。米国食品医薬品局に永久脱毛の効果が認められている、唯一の脱毛法がニードル脱毛です。絶縁針というものを毛穴に挿入し、電気を流して毛根からしっかり毛を処理することができます。衛生面のことを考えて、Iラインの脱毛をお考えの方もいるかと思います。永久脱毛であれば、長期間デリケートゾーンの清潔を保ちやすくなりますので、ぜひ当サロンのニードル脱毛をご検討ください。

白髪があるのですが脱毛できますか?

当サロンが行っているニードル脱毛は、白髪にも対応することができます。ニードル脱毛は色素に反応してムダ毛を処理するわけではありません。そのため、色素が抜けてしまった白髪や色素沈着を起こしているお肌でも施術をすることが可能です。白髪のせいで脱毛を諦めている方もいるかもしれません。当サロンのニードル脱毛であれば、白髪交じりのIラインのムダ毛も処理できますので、ぜひお気軽にご相談ください。その他、毛質や肌質でお悩みのことがあれば、カウンセリング時に何でもお尋ねください。